주요 기사 바로가기

俳優チャン・グンソク「作品がしたい…切迫感を感じるほどだ」(1)

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2020.06.29 11:58
0
「アジアのプリンス」が戻ってきた。俳優チャン・グンソクは修飾語にふさわしく、アンタクトファンミーティングでファンたちと会うことを優先にした。韓流スターのシンボルと言える彼は、オンラインファンミーティングで彼を待ち望んできたファンたちの渇きを解消した。

チャン・グンソクは28日午後3時、ユーチューブチャンネルを通じて「2020 JKS Online STAGE_夢Dreams」を開催した。今回のファンミーティングは特別だった。2年余りの空白を終えて待ってきたファンたちとのイベント。当初、チャン・グンソクはファンと顔を向き合わせるファンミーティングを開こうとしたが、新型コロナウイルス感染症の拡大にともなう社会的距離確保の方針によりオンライン生中継で進めた。また限られた場所でないオンラインファンミーティングでより多くの国内外のファンたちに会って疎通した。残念に思うファンたちのためにさらに近くで疎通できるチャットルームを開いて記憶に残るようなプレゼントを与えた。

除隊後ファンたちとの公式的な初めての出会いに先立ち、記者たちと先にオンラインで会見を開いた。2年が過ぎたにもかかわらず、少年らしくなった彼は特有のユーモラスさと深い考えを垣間見せた。

--公演の感想が気になる。

「昨年から作品や公演に関する協議があったが、新型肺炎で直接会うことができなくなった。6カ月前から計画した公演なのに残念だ。観客がいなくても皆一緒に舞台に参加する感じを生かせたかった。家でも目の前にあるような舞台を準備したいと思った」

--除隊後の感想とその間変わった点があれば。

「変わった点は多かった。最も大きいのは元気になった。デビュー以来ジェットコースターのような生活をしてきた。身体・精神的に元気でなかった。服務期間に誠実に午前9時から午後6時まで働いた。規則的な生活をしたので心の余裕ができて身体も心も元気になった。また、2年前と変わった点は歳をとった(笑)」

--離れていた時間の間、ファンの応援の中で記憶に残るのがあれば。

「2年間ファンへの気持ちは申し訳ないということだ。その理由は活動期間の間、少しも休んだことがない。韓国と日本を行き来しながら活動したが、2年間SNSの露出さえなかった。ファンサイトに文章を掲載しようかと思って何度も悩んだが、結局は掲載しなかった。ファンと壁を作るという感じを与えたかもしれないが、その期間はそのようにするのが正しいと思った。でもファンたちが残したメッセージを全部読んだ」

--ファンたちに会いたいと思ったはずだが、アンタクト公演が残念だったのではないか。

「実際、公演会場の音響や照明とは違う。バンドも最小化した。コンサートやファンミーティングというよりはオンラインステージといったほうが適切だった。オンラインでできるメリットを活用したかった」 俳優チャン・グンソク「作品がしたい…切迫感を感じるほどだ」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優チャン・グンソク「作品がしたい…切迫感を感じるほどだ」(1)

    2020.06.29 11:58
    뉴스 메뉴 보기
    俳優チャン・グンソク
    TOP