주요 기사 바로가기

IMF・ムーディーズ・OECD・ブルームバーグまで「韓国、逆成長にもG20の最上位」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.29 09:25
0
今年の韓国経済を眺める見方には温度差がある。10年ぶりにマイナス成長となるだろうという暗鬱な見通しとそれでも先進国の中で最も良いという肯定的な解釈が同時に存在する。ただし、輸出の割合が大きい韓国経済が世界経済の不況をどれほど耐えられるか分からないため、すでに楽観論を展開するには無理があるという警告も出ている。

28日(現地時間)、ブルームバーグが世界投資銀行と経済研究所24カ所の成長率見通しを集計した結果、韓国の今年第2四半期の実質国内総生産(GDP)は昨年同期より1.8%(年率基準)減少すると予想された。これは4月集計に比べて-0.2%引き下げた数値で、韓国経済が世界金融危機以降10年ぶりにマイナス成長率となるという見通しだ。

韓国の指標だけをみると暗鬱に感じられるが、実際主要20カ国・地域(G20)の中で2番目に高い成長率だ。ブルームバーグによると、中国(2.0%)だけが唯一プラス成長の勢いを続き、残りの国家は全部逆成長が予想される。G20の平均4-6月期の経済成長率見通しは-18.1%(年率基準)だった。特に、米国の場合、4-6月期の成長率が-34.5%(年率基準)に達すると予想される。他の先進国(年率基準)も日本(-22.3%)、フランス(-19.6%)、イタリア(-18.5%)、英国(-18.1%)を中心にマイナス幅が大きくなるものとみられる。

国際通貨基金(IMF)も新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態による経済衝撃が一番小さい国として韓国を挙げた。IMFは24日発表した「6月世界経済展望」で今年韓国経済成長率の展望値を-2.1%で、4月(-1.2%)見通しより0.9%ポイント引き下げた。この見通し通りなら1998年(-5.1%)以降最も低い成長率となることになる。

ところが、IMFが集計した今年先進国平均成長率は-8.0%で、韓国は先進国の中で逆成長幅が一番小さかった。同時に、新型肺炎以前である1月見通しに比べ調整幅も韓国が一番小さかった。輸出依存度が高く世界の景気萎縮に直撃弾を受けざるを得ない状況だが、韓国が他国に比べて円満に成長率を防御しているというのがIMFの診断だ。先進国と韓国いずれも見通し通りなら成長率を記録する場合、韓国は2002年以来世界成長率を最も大きい幅に上回ることになる。

これに先立ち、国際格付け会社ムーディーズも22日「マクロ経済見通し報告書」を通じてG20の今年成長率展望値を0.6%ポイント下方修正した-4.6%で発表した。ムーディーズは、韓国の年間成長率を4月と同じ-0.5%で維持し、先進国の中で唯一来年新型肺炎以前の成長率を回復するものと見通した。ムーディーズは「G20の中で韓国を除いたすべての先進国とほとんどの新興国が来年末の実質成長率が新型肺炎以前を下回るだろう」とした。

経済協力開発機構(OECD)の評価も似ている。10日、OECDは新型肺炎の二次拡大がない場合、今年の韓国成長率が-1.2%となると明らかにした。逆成長の見通しではあるが、G20とOECD加盟国(37カ国)の中で成長率調整幅が最も良好だった。

韓国経済が肯定的に見通されている理由について、国際社会は成功的な防疫と高い医療水準のおかげだと口をそろえた。世界銀行(WB)は「韓国政府や国民の新型肺炎の対応措置に大きな印象を受けた」として「他の加盟国が韓国経験を通じて得られる教訓が多い」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    IMF・ムーディーズ・OECD・ブルームバーグまで「韓国、逆成長にもG20の最上位」

    2020.06.29 09:25
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が23日午前、青瓦台与民官で開かれた「閣僚会議および首都圏防疫対策会議」で発言している。ビョン・ソング記者
    TOP