주요 기사 바로가기

新型コロナ時代、K-POPと違い鮮明のJーPOP…オンライン公演できず「おうち時間」にとどまる理由?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.18 16:01
0
1/3
先月24日、オンラインで中継された東方神起のコンサート『TVXQ - Beyond the T』の一場面。[写真 SMエンターテインメント]
#1.「あきらめなければ夢は叶うんだ~」。AKB48の人気曲『チャンスの順番』の公演が16枚のスクリーンの中のメンバーの振りつけと一緒になって繰り広げられた。舞台も振りつけもそれぞれだ。ウェブカメラを用いてそれぞれの家で歌っているためだ。

#2.「どうも~。今日は『No way man』のフリを皆さんにレクチャーしていきたいと思います!」紹介を終えたAKB48メンバーの下尾みうは、2018年に発表された『No way man』の振りつけの構成を順に説明し始めた。

日本で最も大きいファンダムと影響力を誇るAKB48が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態に対応して作った「OUC48」プロジェクトの一環だ。「OUC48」は日本語の「おうち時間」から派生した単語で、韓国語では「家で時間を過ごす」「チプコク」などに翻訳することができる。柏木由紀ら一部の人気メンバーは個人チャネルを通じて自分たちのメイクテクニックやショッピングノウハウなども披露している。300人に達するメンバーが交代でほぼ毎日新しい動画をアップしている。日本では最も積極的にコロナに対応しているという評価を受けている。

これは最近、K-POPが各種特殊効果を駆使して巨大なオンライン専用コンサートをアップしたものと比べると明らかに異なる。また、防弾少年団が90分の公演で200億ウォン(約17億6000万円)を超える収益を上げたこととは対照的に、OUC48プロジェクトはYouTube再生回数を通した収益程度だけを期待できる状況だ。似たようなアイドル文化と産業インフラを備えているが、新型コロナ時代に対応する方式がこのように変わった理由は何だろうか。

(1)海外ファンダムの違い

日本にも支社がある企画事務所の関係者は「K-POPは国内市場が小さく、JーPOPより海外市場に対する依存度が大きい。ところがコロナによって海外公演などができなくなったため、これに対する対処も積極的にならざるをえない」と説明した。

人口が5000万人余りの韓国は市場規模が米国や日本などに比べると小さいほうだ。各企画会社はアイドルグループを作るときから海外市場への進出を念頭に置く。一部企画会社は練習生時代に海外へ語学研修に行かせるほか、海外ファンダムにもかなり気を遣い、力を入れる。売上でも海外公演などが大きな影響を及ぼすのはもちろんだ。

そのために新型コロナによる打撃はJーPOPよりK-POPのほうが大きいという予想が多かった。実際、2月にもNCT DREAM(エヌシーティー・ドリーム)とGOT7(ガットセブン)がタイ、シンガポール、マカオなどで公演する予定だったが、新型コロナによって日程を中止したことで金銭的損失が発生した。

だが、市場の大きさの不利を海外ファンダムで克服したように、海外公演が難しくなるや積極的なオンラインコンサートで突破口を探した。大衆文化マーケッターのキム・イルギョム氏は「切迫した状況から新しさを見つけてきたK-POPの長所が再び発揮されたようだ」と話した。 新型コロナ時代、K-POPと違い鮮明のJーPOP…オンライン公演できず「おうち時間」にとどまる理由?(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP