주요 기사 바로가기

「ナヌムの家、118億ウォン不法募金」内部告発者が追加で暴露

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.13 09:40
0
旧日本軍慰安婦被害者支援施設「ナヌムの家」が後援金を流用していると内部告発した職員らが理事陣を警察に追加で告発した。

キム・デウォル学芸室長などナヌムの家の職員6人は12日、安新権(アン・シングォン)元所長、キム元事務局長ら6人を寄付金品法違反などの疑いで10日に京畿道広州(クァンジュ)警察署に告発したと明らかにした。

キム室長らは告発状で「ナヌムの家のホームページには『後援』ページを別に設けて計4つの口座を案内している」とし「このような行為はホームページを訪問する不特定多数の人に後援を呼びかける行為であり、寄付金品の募集に該当する」と指摘した。寄付金品法によると、団体ホームページを通じて不特定多数の人が寄付できるよう口座番号を露出する場合、規定に基づいて募金登録をしなければいけないが、これをせずに今まで118億ウォン(約10億円)以上の寄付金を集めたということだ。また、法人税法上の指定寄付金団体に該当する社会福祉法人も寄付金品法の適用対象になるという点も強調した。

公開入札過程を踏まず特定企業にナヌムの家の工事を発注したり、補助金精算報告書を虚偽で作成して光州市(クァンジュシ)に提出した疑い(公務執行妨害)もある。補助金管理法では、国や自治体から5000万ウォン以上の補助金を受けて事業をする場合、公開入札を経て事業の過程と結果を管理監督庁に報告することになっている。

このほか、ウォンヘン僧侶(元法人代表理事)が学芸員資格要件を満たしていないにもかかわらず資格証を受けて支援金を受領し、常勤でないにもかかわらず5年間で給与1億ウォンを受けて横領したと告発した。ウォルジュ僧侶(現法人代表理事)も5年間、自身の地域健康保険料1420万ウォンをナヌムの家の費用で納付したとして告発状に名前が挙がった。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP