주요 기사 바로가기

「年間1000万円の年俸で退屈な仕事だけさせた」 会社告訴した仏男性勝訴

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.12 15:44
0
職場で退屈な仕事だけをさせたという理由で訴訟を起こしたフランス男性が勝訴して賠償を受けることができるようになった。過労(burn-out)ではなく退屈(bore-out)を理由に勝訴した初めての事例だ。

英紙デイリー・メールなどによると、フランスの香水会社「INTER PARFUMS(インター・パフューム)」で取締役として働いていたFrederic Desnardさん(48)は2016年、会社を相手取って訴訟を起こした。一日に1時間も仕事をしないため退屈だったとし、補償金36万ユーロ(約4400万円)を要求したのだ。

Desnardさんは毎年8万ユーロ以上の年俸をもらっていたが、一日20~40分、社長の手伝いをする他は仕事がなかったという。Desnardさんは数年間、特にこれといってすることもなく席についていただけだったため、深刻な精神障害を病むようになったと主張した。Desnardさんの弁護士は「『極度の退屈』は発作を誘発した」としながら「実際にDesnardさんは運転中に発作が発生して交通事故に遭ったこともある」と明らかにした。

会社側はDesnardさんの主張にあきれるという反応を示した。会社側は「Desnardさん本人が体験したという苦痛を会社に知らせなかった」とし、たとえそのような不満があったとしても知るすべがなかったと反論した。

訴訟提起から4年が過ぎた今月9日。フランス裁判所は会社側がDesnardさんに5万ユーロを賠償するよう判決を下した。最初にDesnardさんが要求していた賠償額よりは少ないが、裁判所が「退屈な男」に軍配を上げたということで現地で注目をひいた。

この判決により、いわゆる「bore-out」現象も注目を浴びている。「bore-out」は会社員が職場で体験する退屈と単調な業務から起きる意欲喪失を意味する。単調な業務を与えて放置したのは会社側の誤りだというものだ。デイリー・メールは「bore-outは仕事のしすぎで燃え尽きるバーンアウト(burn-out)の反対」としながら「このような場合で勝訴するのはフランスで初めて」と報じた。

英紙テレグラフは「一部の専門家によると、フランス労働者の3分の1は『bore-out』現象に苦しめられている」と報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP