주요 기사 바로가기

脱北者団体クンセム「コメ入れたペットボトル、21日に江華島から北に送る」

ⓒ 中央日報日本語版2020.06.12 15:41
0
脱北者団体クンセムが、韓国政府と自治体の阻止にもかかわらず、21日に江華島(カンファド)からコメを入れたペットボトルを北朝鮮に送ると明らかにした。

クンセムのパク・ジョンオ代表は12日、聯合ニュースとの電話で、「もともとの計画に基づいて21日に江華席毛島(ソクモド)からペットボトルを利用して北にコメやマスクを送る準備をしている」とし「北の住民を純粋に助けたい」と述べた。

パク代表の兄の朴相学(パク・サンハク)氏が率いる自由北韓運動連合も25日、韓国戦争(朝鮮戦争)70周年を迎え、風船とドローンなどを利用して金正恩(キム・ジョンウン)政権を批判する内容の対北朝鮮ビラ100万枚を飛ばす計画だ。

統一部はビラなどの散布が南北間の緊張を高めるとして、10日に両代表を南北交流協力法違反で告発した状態だ。

京畿道(キョンギド)も12日、ビラやペットボトルを海洋に散布する場合、廃棄物管理法上の廃棄物と見なして公有水面管理及び埋立に関する法律を適用する一方、これを汚染物質排出行為と見なして海洋環境管理法違反の疑いで取り締まり・捜査・告発処分することにした。

パク代表は「過去5年間、コメを入れたペットボトルの放流について政府は一言も述べたことがない」とし「阻止するといっても、必ず席毛島に行って実行する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP