주요 기사 바로가기

【社説】対北朝鮮ビラを理由に脱北者を侮辱してはならない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.11 09:21
0
対北朝鮮ビラ散布をめぐる攻防が加熱し、北朝鮮だけでなく韓国内部の脱北者攻撃と侮辱が度を越えている。今回の問題は4日に金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の妹の金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長の談話から始まった。金与正は脱北団体の対北朝鮮ビラ散布を猛非難し、「(南朝鮮当局は)くずの茶番劇を阻止させる法律でも作るべき」と要求した。

北朝鮮の毒気混じりの暴言はこれにとどまらなかった。10日の労働新聞に紹介された群衆集会には「民族反逆者であり人間のくずである脱北者を裂き殺そう」という殺伐としたスローガンまで登場する。北側の扇動がそうだとしても脱北者に向けられた一部与党議員と親北朝鮮団体の難詰は耳を疑わせる。「対北朝鮮ビラ散布制限法」を発議した金弘一(キム・ホンイル)議員は「脱北者団体の対北朝鮮ビラ散布の純粋性を疑ってみなければならない」と指摘した。「対北朝鮮ビラは金儲けの手段にすぎない」という主張も出ている。対北朝鮮ビラ散布団体の具体的な不正容疑が出ていない状況でこのように道徳性に傷を付ける発言は自制するのが当然だ。

これだけではない。文在寅(ムン・ジェイン)大統領側近の「共に民主党」尹建永(ユン・ゴンヨン)議員は9日にビラ散布に言及し、「その国が嫌いで出てきた人たちによって行われているなら、(北朝鮮を)刺激する問題であることは明らかだ」と話した。こうした発言は北朝鮮との関係改善にばかりやきもきする与党の一部で脱北者をどう考えているのかを端的に示す。脱北者は残酷な北朝鮮政権の迫害と人権蹂躪を避けて逃げてきた事実上の難民だ。北朝鮮を「その国」と呼んだのも問題だ。それなら脱北者は他の国から来た移民者ということか。彼らは北朝鮮独裁政権が北側の地を無断で占拠したため韓国国民として当然保証されなければならない権益を享受できなかっただけだ。この地のどこのだれとも同じ、韓国の国民だ。

その上現政権は北朝鮮にビラをまく脱北者を南北関係をぶち壊す妨害者としておとしめようとする。だが対北朝鮮ビラは北朝鮮住民に南北の実状を伝える役割をしてきた。実際に脱北者のうち多くの人たちが「対北朝鮮ビラを見て脱出を決心した」と吐露するという。だから対北朝鮮ビラを口実に脱北者を露骨に非難することは控えるべきだ。ビラ散布の実効性と後遺症をめぐり論争を行うことはできる。しかし北朝鮮住民に真実を伝えるという忠実な思いからこれを推進してきた脱北者をまとめて罵倒するのは民主社会ではありえない形態だ。

その上政府はきのう北朝鮮にビラを散布してきた脱北者団体2カ所を告発し、設立許可を取り消すと明らかにした。これら2団体が南北交流協力法に違反したということだ。この法律は南北間の物品取引と住民間の接触を助けるために設けられたものだ。こうした法律で対北朝鮮ビラ散布を規制するということも正しいのか疑問だが、北側の要求直後すぐに関連団体を告発するということはまったく格好がよくない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP