주요 기사 바로가기

「選挙中に2000万円配布」…最側近の不正でまた窮地に追い込まれる安倍首相

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.10 13:29
0
安倍晋三政権のアキレス腱の一つ、河井克行前法相夫妻のスキャンダルにまた火がついている。最近、検察が河井夫妻が選挙の過程で地方議員など約100人に計2000万円以上の現金を配ったという関係者の陳述を確保したと、読売新聞が10日報じた。

河井前法相は安倍首相の補佐官と外交特別補佐を務めた最側近。「桜を見る会」スキャンダル、次期検察総長候補の賭けマージャン事件など相次ぐ悪材料で窮地に追い込まれた安倍首相の立場では、またも政治的に打撃が大きい悪材料が出てきたのだ。

その間、河井前法相夫妻は公職選挙法を違反した疑いで検察の捜査を受けてきた。河井案里議員(46)が広島で初めて当選した昨年7月の参議院選挙当時、河井夫妻が票を集めるために現金を配ったということだ。

参議院選挙を3カ月後に控えて実施された地方選挙の前後に、河井夫妻が地方議会議員の事務室や自宅を回って「激励」「当選祝い」などの名目で数十万円の現金を渡したと検察はみている。

夫妻ともに広島県議会で政治を始めただけに地域の政治家との関係が強い。河井前法相の場合、1996年に衆議院議員に当選してから広島で7回当選した。

その間、河井前法相夫妻は現金配布疑惑を強く否認してきた。ひとまず検察は夫人の河井案里議員の秘書官など周囲の人だけを起訴した。

しかし関係者の陳述を確保しただけに捜査を加速させる方針だ。検察当局は3月、東京地検特捜部の検事を広島現地に派遣するなど捜査人員を補強した。東京地検特捜部は大物政治家の不正捜査で定評がある。

検察は現在、国会が会期中である点を考慮し、会期が終わる17日以降から河井夫妻を立件する計画だ。

安倍首相は昨年10月に疑惑が浮上すると、河井法相を更迭して火を消そうとした。河井法相が就任してから約50日後だった。しかし河井夫妻が立件されれば世論の矢はまた首相官邸へ向かうという見方が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「選挙中に2000万円配布」…最側近の不正でまた窮地に追い込まれる安倍首相

    2020.06.10 13:29
    뉴스 메뉴 보기
    安倍首相
    TOP