주요 기사 바로가기

【社説】「慰安婦被害者憩いの場の所長」悲劇…残念だが捜査をうやむやにしてはいけない

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.08 09:11
0
旧日本軍慰安婦被害者憩いの場であるソウル麻浦区延南洞(マポグ・ヨンナムドン)「平和の我が家」の所長Aさんが6日夜、自宅で遺体で発見された。「いつも自分のことよりおばあさんのことを優先していた」という李娜栄(イ・ナヨン)日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)理事長の言葉のように、16年間にわたって慰安婦被害者の同志であり、時には友や娘のように寄り添ってきたA所長の死は急なことで戸惑いを隠せず、非常に残念なことだ。

突然のAさんの死は、正義連の寄付金会計脱漏などの疑惑に対する検察捜査が進められている渦中に発生した。麻浦憩いの場も先月21日、家宅捜索を受けた。当時、正義連側は「資料を任意提出することで合意したのに検察が過剰捜査をしている」と反発した。検察は「正義連弁護士側が提出を拒否し、やむを得ず家宅捜索を執行した」と反論したが、正義連側は「事実ではない」とし、対立していた。

このためA所長の急報に市民の視線が検察に集まるのは自然なことだ。正義連側は「家宅捜索後、A所長が苦しんでいた」と伝えた。事件を捜査中のソウル西部地検は「心から哀悼を表す」としつつも「故人を調査した事実はなく、調査のための出頭要求をした事実もない」という立場を出した。実際の状況がどうだったのかに対し、検察も透明に詳しく説明するべきだ。

それでも進行中の捜査がうやむやになってしまうことも警戒しなければならない。先月、慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんの暴露以降、正義連がこれまで不透明な会計でおばあさんに使われるべき寄付金を後ろで不正に使用していたのではないかとの疑惑が出ていた。市民の失望と不信も雪だるま式に大きくなった。疑惑の核心当事者である正義連元理事長で与党「共に民主党」議員の尹美香(ユン・ミヒャン)氏は数回記者会見を行ったが核心的な疑惑に対しては十分に説明することができなかった。むしろ検察捜査に備えるとして資料を公開することも拒否している。そうしている間に第21代国会議員の任期が始まった。尹議員は会期中は逮捕されない特権を持つことになった。

正義連側はコメントを通じて「故人のためにも不必要な関心と憶測は止めてほしい」と要請した。熱くなった取材競争が疑惑の本質と関連のない、慰安婦おばあさんや運動に献身してきた人々まで苦しめているのなら、メディアはもっと冷静になる必要がある。そうであるなら尚のこと、真実を明らかにするべき検察の責任は重くなる。

検察は「経緯を確認中」としつつも「揺れることなく迅速な真相究明のためにより一層努力する」と明らかにした。今回の疑惑を契機に、30年間の慰安婦運動の正当性を否定する活動にまで広がっている状況を収拾するためにも、検察は自身の真相究明の誓いを守ってほしい。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP