주요 기사 바로가기

「義妹の家を売却した金、私の口座に…」 疑惑を大きくした慰安婦被害者支援団体元代表の釈明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.04 08:48
0
韓国野党「未来統合党」は3日、与党「共に民主党」の尹美香(ユン・ミヒャン)議員の夫の妹の住宅売却代金が尹氏夫婦のもとに入っていたことに注目して「当初から住宅の実際の所有主は尹氏夫婦ではなかったか」と主張した。統合党「慰安婦おばあさん被害真相究明タスクフォース(TF)」委員長である郭尚道(クァク・サンド)議員は、尹氏が提出した記者会見文に基づき、関連の住宅取引内訳や資金の出処などを追跡・分析した後、このような疑惑を提起した。

尹氏は5月29日の記者会見で、夫名義のアパートについて説明しながら「義妹キムさん名義の家を1億1000万ウォン(約986万円、実際は1億1500万ウォン)で売った」とし「これで夫名義のアパートを8500万ウォンで購入した後、残額(3000万ウォン)はその後、私の口座に入金した」と説明した。

このような資金の流れが一般的ではないと考えた郭委員長は義妹キムさん名義だった慶尚南道咸陽(キョンサンナムド・ハミャン)の一戸建て住宅の登記簿謄本を確保して分析した。1998年に建てられたこの住宅は、敷地面積321平方メートル(97坪)、建物面積82平方メートル(25坪)規模だ。該当の登記簿謄本などによると、義妹キムさんは2013年9月にこの住宅を5000万ウォンで購入した。4年後(2017年6月)、これを1億1500万ウォンで売却した。このお金は尹氏の夫であるキム・サムソクさんの口座に入金され、同年夫キムさんはこのお金で咸陽の別のアパートを8500万ウォンで購入した。このマンションは現在まで夫キムさんが所有中だ。残額3000万ウォンは夫キムさんが持っていたが、2018年4月尹氏の口座に入金した。

売却資金が一定期間を置いて義妹キムさん(1億1500万ウォンで売却)から夫キムさん(8500万ウォンのマンション購入)と尹氏(3000万ウォン残額入金)に配分される形で移動した。

郭委員長は「義妹キムさんはこの住宅を売る1年前の2016年にソウル新道林(シンドリム)のAアパート(当時のチョンセ相場約4億5000万ウォン)に引越していたことが確認された」とし「登記簿謄本など関連資料をすべて総合すると、義妹キムさん名義の住宅の実際の所有主は初めから尹氏だったのではないか疑われる」と主張した。

尹氏は5月末の記者会見で、自身と家族が住宅合計5軒を現金で購入しながら、後援金を流用したのではないかという疑惑に対して「そんなことは当然ない」としながら1993年以降の住宅取引内訳と資金の出処を説明した。

その過程で、夫名義のマンションについて「(夫ではなく)義母が一人で暮らすためのマンションだった」とした。

当時尹氏は「義妹名義の咸陽の住宅に住んでいた義両親は、義父が亡くなった後、住宅を2017年に1億1000万ウォンで売った」とし「その後、義母が一人で暮らしやすい咸陽市内のマンションを夫名義で8500万ウォンで買い、残額は夫が保有していたが2018年4月19日私の口座に入金した」と説明した。

これについて不動産専門家である韓国党統合党の金鉉我(キム・ヒョナ)非常対策委員は「咸陽住宅の実所有者が当初から尹氏夫婦でなければ納得できない異常な資金の流れ」としながら「マンションを売却して残った3000万ウォンが尹氏の口座に入ったことも疑惑を裏付けている」と話した。

ある市民団体出身の弁護士は「義妹が兄であるユン氏の夫に1億1500万ウォンを渡したとすれば、兄妹間で贈与税を納付したかどうかも確認しなければならない部分だ」と話した。該当の事案に対して尹氏と夫キムさんなどに数回連絡したが、連絡がつかなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「義妹の家を売却した金、私の口座に…」 疑惑を大きくした慰安婦被害者支援団体元代表の釈明

    2020.06.04 08:48
    뉴스 메뉴 보기
    与党「共に民主党」の尹美香議員が5月29日、国会疎通館でこれまでの疑惑について説明している。[中央フォト]
    TOP