주요 기사 바로가기

V.Iと共同経営者のユ・インソク被告、初公判で売春あっせんなどすべての容疑認める

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.03 17:02
0
クラブ「バーニングサン」と関連した売春あっせんなどにかかわった容疑で起訴された前ユリホールディングス代表のユ・インソク被告が裁判ですべての容疑を認めた。

ユ被告の弁護人は3日にソウル中央地裁で開かれた第1回公判で、「容疑をすべて認め実質的な加担程度や量刑に参酌する事由などを整理し意見書として提出する」と明らかにした。

弁護人はただ、ユ被告のユリホールディングスの資金横領容疑に対しては事実関係を認めながらも「法理的に検討すべき部分がある。具体的な意見は今後の裁判で明らかにする」と付け加えた。

ユ被告はグループBIGBANG(ビッグバン)元メンバーのV.Iことイ・スンヨン被告とともに2015~2016年に外国人投資家に売春をあっせんした容疑(売春処罰法違反)で起訴された。バーニングサンと癒着していた容疑を受けているユン・ギュグン総警(警視正に相当)とゴルフをしながらユリホールディングスの金で費用を決済した容疑(業務上横領)もある。

ユ被告は警察の捜査を受けた昨年5月に拘束令状が請求されたが棄却され在宅で起訴された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    V.Iと共同経営者のユ・インソク被告、初公判で売春あっせんなどすべての容疑認める

    2020.06.03 17:02
    뉴스 메뉴 보기
    売春あっせんなどの容疑を受けるユ・インソク被告。[中央フォト]
    TOP