주요 기사 바로가기

韓国人科学者、米国で幹細胞でパーキンソン病治療…世界初

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.02 14:39
0
韓国人科学者が米国でiPS技術を利用してパーキンソン病患者の脳に幹細胞を移植するのに成功した。

KAIST(韓国科学技術院)は2日、「キム・グァンス米ハーバード医大教授が患者の幹細胞臨床治療に成功した」と明らかにした。キム教授はKAIST(韓国科学技術院)生命科学科で修士・博士を取得した後、米国に渡って研究を続けた。神経科学と幹細胞分野の世界的な碩学に挙げられる。

iPS細胞を脳疾患の患者に移植して臨床治療効果まで得たのは今回が初めて。iPS細胞は神経細胞・血液細胞・筋骨格細胞など人体を構成するあらゆる細胞に分化が可能で「万能細胞」と呼ばれる。

キム教授は米国食品医薬品局(FDA)の承認を受け、2017年から2年間、2度にわたり69歳のパーキンソン病患者に幹細胞を移植した。患者の皮膚細胞を変形して神経伝達物質ドーパミンを生成させた後、これを患者の脳の深くに注入する方式だ。その後2年間、PET・MRI映像などで経過を調べた後、5月にこれに関する論文を発表した。患者は免疫体系の拒否反応を見せず、一人で靴のひもを結べるほど回復した。水泳をしたり自転車に乗るほどの運動能力まで回復した。

手術を受けた患者はジョージ・ロペスさんで、幹細胞の迅速な研究とパーキンソン病征服のために注力してほしいとしてキム教授研究チームを支援してきたという。

こうした手術と臨床試験の成功は短期間で得られた成果ではない。パーキンソン病の幹細胞治療はまず患者の体細胞を安定的に幹細胞に転換した後、これをまたドーパミン細胞に分化させてから脳に移植しなければならない。20年間にわたり関連技術を研究したキム教授は10年ほど前、ウイルスを使わず患者の細胞を利用してiPS細胞を製作する技術を最初に開発した。これをパーキンソン病の動物モデルに適用して成果を立証した。

キム教授は「より多くの患者を対象に臨床ができるようFDAに承認を申請した」とし「10年余り後続研究を順調に進めていけば、細胞治療がパーキンソン病治療のためのもう一つの普遍的な治療方法として定着するだろう」と述べた。

研究の成果は医学分野で権威のあるニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)に5月に掲載された。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国人科学者、米国で幹細胞でパーキンソン病治療…世界初

    2020.06.02 14:39
    뉴스 메뉴 보기
    キム・グァンス・ハーバード医大教授 [写真 KAIST(韓国科学技術院)]
    TOP