주요 기사 바로가기

韓国製薬会社、新型コロナ治療剤動物実験で効果…KOSDAQは52週高値

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.02 08:27
0
新型コロナウイルス抗体治療剤を開発中のセルトリオンが動物実験で薬品の効果を一部確認した。

セルトリオンは1日、「抗体治療剤候補物質を使って動物で効能を確認してみた結果、感染症状の改善効果を確認した」と明らかにした。抗体治療剤はウイルス感染後に体内で形成された抗体を分離して治療剤として使うバイオ医薬品だ。

セルトリオンは4月から忠北大学とともに肺構造が人と似ている実験動物のフェレットを対象に動物実験を進めた。イタチの一種であるフェレットは新型コロナウイルス感染に敏感で、新型コロナウイルスワクチンと治療剤候補物質の効能を評価するのに適合した動物モデルに挙げられる。

研究陣はフェレットを高濃度と低濃度の投与群に分け、それぞれ異なる濃度の薬品を投与した。その結果、5日後には両グループとも薬品を投与していない対照群に比べ鼻水やせきなど臨床的症状が改善された。また、高濃度で投与した時にはウイルスが最大で100倍減少したことを逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)を通じて確認した。研究陣によると肺組織検査でも炎症改善を確認できた。

セルトリオンは「6月中に臨床物質の大量生産に入り、予定通り7月中に臨床に必要な抗体治療剤物質供給が可能なものとみられる」と明らかにした。セルトリオンの動物実験結果が肯定的に出てきてこの日証券市場でバイオ銘柄が大きく値を上げた。KOSDAQ指数は3.09%上がった735.72で取引を終え、52週高値を記録した。KOSPI指数は1.75%上昇した2065.08だった。ソウル外国為替市場でウォン相場は前取引日より13.5ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1225ウォンで引けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国製薬会社、新型コロナ治療剤動物実験で効果…KOSDAQは52週高値

    2020.06.02 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    セルトリオン研究陣が実験室で新型コロナウイルス抗体治療剤開発に向けた抗体結合力試験に没頭している。[写真 セルトリオン]
    TOP