주요 기사 바로가기

文大統領の支持率、6週間で60%台崩れ…尹美香氏をめぐる論議が影響

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.01 10:42
0
文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政支持率が6週間で50%台に下落したと集計された。会計不正の疑惑などが持たれている正義記憶連帯(正義連)の元理事長、共に民主党の尹美香(ユン・ミヒャン)議員をめぐる論議が影響を与えたという分析が出ている。

1日、リアルメーターがYTNの依頼で実施した5月第4週目の集計(25~29日)によると、全体回答者の59.9%(非常に上手くできている38.0%、上手くできている方21.9%)が文大統領の国政遂行が上手くできていると答えた。

文大統領に対する支持率が60%割れとなったのは4月第3週目(58.3%)以降6週ぶりだ。

「上手くできていない」と回答した否定的な評価は35.3%(非常にできていない21.8%、できていない方13.6%)となった。前週より2.7%ポイント上がった数値だ。「分からない・無回答」は0.3%ポイント減少した4.8%だった。

地域別では与党の核心支持層が多い光州(クァンジュ)・全羅(チョルラ、9.6%p↓、85.5%→75.9%、否定的な評価19.5%)で主に下落し、ソウル(3.2%p↓、60.4%→57.2%、否定的な評価36.9%)でも下降傾向を見せた。

年齢帯別に70代以上(7.2%p↓、59.7%→52.5%、否定的な評価40.2%)、60代(4.5%p↓、57.4%→52.9%、否定的な評価41.1%)、40代(3.7%p↓、70.4%→66.7%、否定的な評価30.8%)、30代(3.5%p↓、66.1%→62.6%、否定的な評価32.4%)に下落した。

政党支持率は5月第3週目の集計より共に民主党は0.4%ポイント下がった42.1%、未来統合党は1.5%ポイント上がった26.3%、開かれた民主党は0.6%ポイント下落した5.6%、正義党は1%ポイント下落した5.0%の順だった。国民の党は4%、民生党は2.2%であり、無党派層は5月第3週目より0.3%ポイント上がった12.7%だった。

今回の調査は無線電話面接(10%)および無線(70%)・有線(20%)自動回答混用方式、無線(80%)・有線(20%)並行無作為生成表の枠組みを通した任意電話をかける方法で実施された。18歳以上の有権者6万1263人に通話を試みた結果、最終的に2518人が回答を完了して4.1%の回答率を見せた。標本誤差は95%信頼水準で±2%ポイントだ。

詳しい事項はリアルメーターのホームページ、または中央選挙世論調査審議委員会のホームページで確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領の支持率、6週間で60%台崩れ…尹美香氏をめぐる論議が影響

    2020.06.01 10:42
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅(ムン・ジェイン)大統領
    TOP