주요 기사 바로가기

防弾少年団シュガの新曲に使われた米カルト教団教祖の音声が論議に…謝罪後に再発売

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.06.01 08:27
0
防弾少年団(BTS)のシュガのミックステープに米国キリスト教系新宗教(カルト)の教祖、ジム・ジョーンズことジェイムス・ウォレン・ジョーンズの演説が引用された事実が一歩遅れて知らされて論議を呼んだ。22日、シュガが活動名「Agust D」で公開された2枚目のミックステープ『D-2』の収録曲『What do you think ?』の導入部にジム・ジョーンズの1977年演説内容の中で「あなたは死んでも生きるだろう。生きて信じる者は絶対に死なないだろう(Though you are dead,yet you shall live,and he that liveth and believeth shall never die)」という一節が挿入された。

ジム・ジョーンズは1950年代米国で人民寺院という新宗教を作った教祖だ。自身の悪行が暴露されると信徒らとともに南米ガイアナに移住したが、軍隊を動員した真相調査が続くと1978年11月信徒に服毒を強要して900人余りに達する人々を死に至らせた人物だ。

犯罪者の演説を使った事実が知らされ、ファンの中でも論争が繰り広げられている。一方ではツイッターなどSNSで「#シュガ_ジム・ジョーンズ_どう思う」というハッシュタグを通じて正確な使用意図に対するフィードバックを求め、もう一方ではアンチとヘイターに向かったメッセージをこめた曲であるため、反語的な意図で使われたものと対抗した。

論議が広がると所属事務所のBig Hitエンターテインメントは31日「問題点を確認して該当部分を直ちに削除して再発売した」として「これによって傷つかれた方、不愉快になった方々にお詫びを申し上げる」と公式立場を明らかにした。「該当曲を作業したプロデューサーが演説者を知らずにサンプルを選定し、適正性確認の手続きを進めたが、不適切なサンプルであることを知らなかった」と説明した。

Big Hitは「アーティスト本人も思いもよらなかった部分で問題が発生したことに戸惑い、深い責任感を感じている」として「今回の事例を教訓にしてすべての製作過程をさらに綿密に確認していく」と説明した。ヒップホップで主に使われるミックステープは、他のプロデューサーが作ったビットなど既存の作業物を多様に活用するほうだ。

今回の議論を呼んだ曲が収録された『D-2』は韓国のソロ歌手で初めて英国オフィシャルチャート「トップ100」の7位にのぼるなど世界的な人気を得ている。宮中行進音楽である「大吹打(テチュィタ)」をサンプリングしたタイトル曲『Daechwita』でシングルチャートで68位となった。発売当時、全世界80カ国および地域のアイチューンズ「トップアルバムチャート」の1位に上ったこともある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    防弾少年団シュガの新曲に使われた米カルト教団教祖の音声が論議に…謝罪後に再発売

    2020.06.01 08:27
    뉴스 메뉴 보기
    防弾少年団のシュガが22日発売したミックステープ『D-2』。[写真 Big Hitエンターテインメント]
    TOP