주요 기사 바로가기

米中対立の時期に韓国THAAD奇襲作戦…「中国は沈黙するが内心は…」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.29 16:05
0
韓国国防部と在韓米軍が29日早朝、慶尚北道星州(キョンサンブクド・ソンジュ)の在韓米軍高高度防衛ミサイル(THAAD)基地内に装備と物資を運ぶ「奇襲」輸送作戦を終えた。28日午後10時ごろから29日午前7時ごろまでコンテナを積んだ軍用輸送トラック行列がTHAAD基地に入った。作戦の兆候は表れていた。THAAD基地がある慶尚北道星州郡草田面韶成里(チョジョンミョン・ソソンリ)に警察が集まり始めたからだ。投入された警察は計3700人。すると、THAAD基地に反対する住民とデモ隊も村会館の前に集結した。搬入の過程で住民やデモ隊およそ50人が警察と衝突し、5人がけがをしたと、星州THAAD阻止闘争委員会側が明らかにした。

国防部のチェ・ヒョンス報道官は「THAAD基地は従来のゴルフ場施設を改善工事なく使用し、生活状況が非常に劣悪な状況」とし「韓米将兵の健康・衛生・安全を保障するために一部の施設を改善する工事とTHAAD体系の一部の装備の交換が必要だった」と説明した。チェ報道官は「THAAD基地の進入路でデモ活動があり、やむを得ず警察が輸送を支援した」とし「新型コロナ事態を考慮し、人的接触を減らそうと夜間に(輸送を)推進した」と伝えた。

◆米中の衝突時期にまたTHAAD?

米国と中国が香港国家安全法をめぐり衝突している時期にTHAADがまた浮上した。中国は2017年3月、THAADの韓国配備に反発し、韓国ドラマ・映画輸入を制限する限韓令を出すなど「非公式制裁」に入った。THAADのレーダー(AN/TPY-2)が中国の核・ミサイル施設を監視するという名分だった。

すると文在寅(ムン・ジェイン)政権は▼THAADの追加配備▼米ミサイル防衛(MD)体制への参加▼韓日米安保協力の軍事同盟発展--をしないという、いわゆる「3不立場」を再確認して中国をなだめた。

国防部はこの日、地上輸送を以前から計画していたという点を強調した。国防部関係者は「在韓米軍が年初に支援を要請し、国防部が関係部処と協議した後、これを受け入れた」と説明した。別の国防部関係者は「中国に外交ルートを通じて事前に説明し、了解を求めた」と話した。中国側は否定的な反応を見せなかったという。

しかし韓東大学国際地域学科の朴元坤(パク・ウォンゴン)教授は「米中が対立する状況で中国は友軍を増やさなければいけない立場であり、しばらくは韓国の反応を気にするしかない」とし「反発する姿は見せにくいが、内心は違うかもしれない」と評価した。

◆新型装備にアップグレードか

在韓米軍の搬入品目は基地施設工事に必要な装備・物資以外にTHAAD体系の交換装備も含まれている。国防部関係者は「老朽化した発電機とデータ収集のための電子装備、運用期間が過ぎた一部の迎撃ミサイルが搬入された」と説明した。

しかし「迎撃ミサイルの場合、同じ種類を同じ数量ほど入れ替える水準」とし「迎撃ミサイルを補強することはなかった」と強調した。また「ミサイル発射台を追加することもなかった」と伝えた。現在、在韓米軍がTHAAD基地に配備したミサイル発射台は計6台。

国防部側は今回の装備交換がTHAAD体系の性能改良とも関係がないと明らかにした。米国はTHAADを新型パトリオットミサイルPAC3 MSEと連動し、同じ目標物を同時迎撃するアップグレード技術を開発している。THAADのアップグレードが終えれば、北朝鮮の長距離ミサイル対処能力がさらに高まる。国防部関係者は「まだ関連技術の開発は終わっていないと聞いている」と話した。

しかしクォン・ミョングク元防空砲兵司令官は「米国の立場では、機会があれば今後アップグレードを反映できる装備に交換するのが費用上有利だ」と「パトリオットと連動できる電子装備をひとまず入れておき、後にアップグレード技術が完了すればソフトウェアで反映する可能性がある」と指摘した。

◆一般環境影響評価はいつ?

在韓米軍THAADは現在、臨時配備状態だ。一般環境影響評価の後、最終配備を決めるというのが政府の立場だ。

国防部関係者は「昨年12月に一般環境評価準備書の作成を終えた」とし「政府は法に定めされた内容に基づき忠実に進める」と述べた。一般環境評価のためには国防部と環境部、地方環境庁、自治体、住民代表、民間専門家など10人前後で準備書評価協議会を構成しなければいけない。

しかしTHAAD配備に反対する住民と専門家の声が多く、協議会の構成は難航せざるを得ない。手続きが遅れるしかないという見方が出る理由だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米中対立の時期に韓国THAAD奇襲作戦…「中国は沈黙するが内心は…」

    2020.05.29 16:05
    뉴스 메뉴 보기
    昨年4月、在韓米軍は平沢(ピョンテク)米軍基地(キャンプ・ハンフリーズ)で「非活性化弾 (模擬弾、inert)」をTHAAD発射台に装着する訓練をした。[写真 在韓米軍第35防空砲旅団 フェイスブック]
    TOP