주요 기사 바로가기

日本メディア、韓国の迅速な災難支援金支給秘訣を報道

ⓒ 中央日報日本語版2020.05.29 10:29
0
日本経済新聞が韓国の災難支援金のスピーディーな支給方式とその効果に対して集中分析した。

29日、日本経済新聞は「韓国で全国民を対象にした『緊急災難支援金』の支給が始まった」とし「給付金の支給でもたつく日本とは裏腹に、韓国はわずか2週間あまりで97%の世帯への支給を終えた」と報じた。

日本経済新聞は韓国の迅速な災難支援金支給の秘訣として4つの要素を挙げた。1つ目はカード会社のインフラ活用だ。日経は「カード会社のホームページから申し込むと2日以内に相当額がカードに付与される」とし「日本はまだまだ現金の使い勝手が良いが、カード会社のインフラを使った支援金支給は理にかなった選択だった」と説明した。

2つ目は負担分散のための「曜日制」の導入だ。同紙は「申請が殺到して業務がパンクしないよう、負荷を分散する『曜日制』も取り入れた」とし「一時品薄で入手困難になったマスクの割り当てでも使った手法だ」と説明した。

3つ目は新型コロナの安定に伴う消費心理の改善だ。同紙は「コロナの感染拡大が落ち着いたことに加え、給付金の効果もありそうだ」と分析した。

そして最後は「デジタル化」への長期投資を挙げた。同紙は漢陽(ハニャン)大学の趙南宰(チョ・ナムジェ)教授の言葉を引用しながら「産業化の遅れを取り戻そうと、金泳三(キム・ヨンサム)政権以来、デジタル化に30年近く継続投資してきた蓄積が大きい」とし「保守と革新の対立が激しく、政権交代ごとに政策が大きく変わる韓国だが、ことデジタル化については『異論はなく国民のコンセンサスであり続けた』」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本メディア、韓国の迅速な災難支援金支給秘訣を報道

    2020.05.29 10:29
    뉴스 메뉴 보기
    京畿道金浦市(キョンギド・キンポシ)のある食材スーパー。災難支援金が使用できることを知らせる案内が張り出されている。ムン・ヒチョル記者
    TOP