주요 기사 바로가기

外国人の足が途絶えた韓国済州…ロッテ・新羅、市内免税店休業

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.28 16:01
0
韓国済州(チェジュ)地域の市内免税店が翌月から休業に入る。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の余波で外国人観光客の足が途切れたためだ。

ロッテ免税店は翌月1日から済州市蓮洞(ヨンドン)にある市内店を臨時休業することにしたと28日、明らかにした。再開の時点に対して、ロッテ免税店側は「国際的な新型コロナ事態が落ち着き次第」と明らかにして、事実上の無期限休業を決めた。今後、外国人観光客の推移などにより、再開の時期を見極める考えだ。

ロッテ免税店関係者は「今年2月から済州店の営業時間を短縮して運営してきたが、今月の売り上げが前年比95%急減するなど運営に困難を強いられてきた」と話した。ロッテ免税店関係者は「人件費の負担加重に伴う困難で、入店ブランドが撤退することになれば職員も職を失うことになるので臨時休業を決めた」と説明した。

 
新羅免税店済州店も同日から休業に入る。新羅免税店はひとまず1カ月間の臨時休業をしたみたうえで再開について決定を下す予定だ。新羅免税店側は「新型コロナ事態以降、4カ月が過ぎたが、済州に入ってくる国際線航空路線が事実上停止している状況なので休業は避けられない」と明らかにした。

これに先立ち、政府は新型コロナの海外流入を防ぐために、2月4日から中国人など外国人観光客の済州ノービザ入国を一時中断している。続いて4月6日からは国土交通部が国際線運航航空機に対する仁川(インチョン)国際空港の一本化措置を取り、済州国際空港の国際線が中断された。これに伴い、外国人観光客がメインだった済州市内免税店は、事実上、開店休業状態だった。済州特別自治道観光協会によると、4月に済州を訪れた外国人観光客は1159人にとどまり、昨年同期13万9360人に比べて99.2%急減した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    外国人の足が途絶えた韓国済州…ロッテ・新羅、市内免税店休業

    2020.05.28 16:01
    뉴스 메뉴 보기
    ロッテ免税店済州市内店と新羅免税店済州店が翌月から休業に入る。[中央フォト]
    TOP