주요 기사 바로가기

韓国バスケット連盟、日本選手を保有できる「アジア枠」導入

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.28 14:33
0
韓国プロバスケットに日本の選手を起用できる「アジア枠」が導入される。

韓国バスケットボール連盟(KBL)は27日、ソウル江南区(カンナムグ)KBLセンターで開かれた第7回理事会で、日本プロバスケットリーグのBリーグを対象にしたアジアクオータ制度の施行を決めたと明らかにした。

これを受け、各チームは日本選手(帰化、二重国籍、ハーフ選手除く)1人を保有できる。日本選手はサラリーキャップと選手定員に含まれる。同時に韓国選手も日本Bリーグに進出することができる。Bリーグは1部18チームを運営中で、2、3部リーグもある。

KBLは「選手育成、リーグの競争力強化、グローバル市場の拡大、マーケティング活性化の土台を構築しようとアジア枠を導入することにした」とし「今後、中国やフィリピンのリーグとも交流活性化を通じて範囲を拡大する計画」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP