주요 기사 바로가기

【コラム】先進国の幻想を越え、ヘル朝鮮を破る思考の共和国を追求すべき=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.28 14:24
0
新型コロナウイルス感染症が全世界に広がった。いわゆる先進国まで苦戦している中、韓国は防疫に比較的成功している。KBS(韓国放送公社)はコロナ後に変わった韓国社会の認識を調査した結果を発表した。調査結果によると、回答者の83.5%が韓国は先進国と答えた(「韓国は従来の先進国より優秀」58%、「韓国と従来の先進国とほぼ同じ」25.5%)。わずか1年前まで57.4%が韓国は希望がない「ヘル朝鮮」と回答していた点を考えると、驚くような数字だ。

韓国が先進国という主張は今回初めて提起されたのではない。1996年に韓国が経済協力開発機構(OECD)に加盟した当時、国政新聞は「わが国のOECD加盟は絶対貧困から出発し、約30年間にわたる血のにじむような努力を通じて我々が初めて先進国と肩を並べることになったことを、世界から認められる最後の手続きということができる」と伝えた。先進国に対する強迫観念が感じられるこうした宣言から25年。ついに一般人の大多数が韓国が先進国だと考えるようになったのだ。

先進国に変わっていく渦中にも韓国はずっとヘル朝鮮の歴史を刻んできた。国連人権副高等弁務官(Deputy High Commissioner)を務めた韓国の外交部長官は5月13日、ドイツ公営放送ドイチェ・ヴェレのある対談番組に出演し、韓国の新型コロナ対応を情熱的に広報した。ところが新型コロナ対処過程で性的少数者に対する偏見が作動することを懸念する部分になると、長官は韓国には「性少数者の権利に対する社会的な合意がない」と述べた。実際、韓国社会には性少数者の権利に鈍感であったり敵対的な人たちがまだ多い。しかしろうそく革命が起こる前の2016年、韓国政府は第32回国連人権理事会が発議した「性的指向およびジェンダー・アイデンティティに基づく暴力と差別に対する保護決議案」に賛成している。したがって外交部長官が2020年に海外メディアで「社会が受け入れるほどの準備ができていないのに変化を促せば、従来の偏見をむしろ悪化させることもある」と述べるのは、韓国が人権に関して決して先進国でないことを世界万国に宣言するのと変わらない。

外交部長官が人権のための社会的変化に留保的な態度を見せた5月13日、韓国は労働者の権利と労働条件に対しても留保の国であることが改めて判明した。三陟(サムチョク)のセメント工場で勤務していた下請け会社の60代の労働者がコンベヤーベルトに頭を挟まれて死亡した。このような事故は少なくない。3月12日には過労に苦しんできた40代の契約職の配送労働者キムさんが未明の配送中に死亡し、4月29日には利川市暮加面(イチョンシ・モガミョン)の建設現場で物流倉庫に火災が発生し、労働者38人が死亡する惨事が発生した。5月21日には造船所で下請け労働者が溶接作業中に窒息死し、翌日には木製品製造業者で勤務する20代の労働者がゴム粉砕機に巻き込まれて命を落とした。2018年12月11日にキム・ヨンギュンさんが発電所の石炭移送コンベヤーベルトに挟まれて即死した後、状況は根本的に変わっていない。もちろん勤労条件の基準は人間の尊厳性を保障しなければなければならないと、大韓民国憲法第32条は明示している。しかし毎年労働者2400人ほどが労働災害でこのように死亡すれば、韓国は決して先進国でないと叫んでいるのと変わらない。

にもかかわらずこの国が先進国と自負するのは、ブサイクな顔を記念するために青銅胸像を作るようなことではないだろうか。従来の先進国が名実共に先進国でないと判明したため、自らが急に先進国になる気分はどんなものだろうか。痩せてもいないのに他の人たちが太ったことでダイエットの達人になる気分だろうか。他の人がみんなパンツを下ろしたので自分だけが突然世界最高のファッションモデルになる気分だろうか。

中年になって悟る。中年の危機が訪れたのではなく、人生はいつも危機だったが、ただ中年が訪れてきただけということを。見かけがよい先進国になって悟る。社会はまだ問題に苦しんでいるが、先進国が突然訪ねてきただけということを。「絶対貧困から出発し、約30年間にわたり血のにじむような努力を通じて先進国と肩を並べることになった国」がヘル朝鮮でないはずはない。わずか100年の間に王朝国家から共和国に変わり、自分たちが無視してきた隣国に強占される植民地を経験し、同族に竹槍を向ける戦争を経て、食を心配する貧困国から国内総生産(GDP)規模世界12位圏の富国に飛躍する波瀾万丈な現代史を築いた国が、自分自身に対する愛憎で満たされたこの国が、「ヘル」でないはずはない。韓国は地獄の火にも崩れなかった煤けた家屋であり、韓国人は地獄の火に耐えて生き残った人たちだ。

地獄で生き返った人たちがウイルス防疫に成功するのは驚くことではない。韓国が防疫に相対的に成功したのは先進国だったからではなく、ヘル朝鮮であるからだ。あっという間に人的・物的資源を取り替えることができるところ。望めば通信事業者の基地局を通じて市民の動きを隅々まで復旧できるところ。臥仏のように達観する代わりに、これ見よがしに生き残ろうと決意を持って誰もが全力疾走するところ。ここに安穏な先進国型の怠惰と倦怠が入る余地はない。「ヘルカフェ」にきついウイスキーとコーヒーがあふれるように、ヘル朝鮮にはきつい躍動性があふれる。人々は依然として食事を狩猟するように食べ、自身が転がす石を率先して選ぶシシュポスの心情で職場を選ぶ。各自が生き残りに奮闘する間、生活は速く流れ、魂は間欠的にでも存在する。

疫病に続いて到来する経済危機に、シシュポスは労役から解放、いや解雇されるのが恐ろしい。悲惨な死を迎えたくないという恐れを燃料に予言者が横行し始める。疫病を予測できなかった知識人がマスコミに出てきて疫病後の未来を予測し始める。あたかも「ノーマル」が存在したように「ニューノーマル」を話し始める。政治家は救援を約束し、政治のファンダム化は加速し、過去100年間続いた韓国公論の場の巫女舞的な性格は変わらない。思考の廃虚を満たしたスローガンと非難と不安と悔しさと集団興奮の中で小宗派の宗教は繁盛する。国際宗教問題研究のタク・ジウォン所長によると、韓国には現在、自らを神と主張する宗教指導者だけでも20人余り、再臨イエスを自負する人も50人を超える。

予言者が横行するこの場所でまともな精神状態を維持するには、先進国に対する幻想に安易に依託したり、自身を憐れむ精神的な泣虫になったり、甘いヒーリングを下手に求めないのがよい。綿菓子でできた社会安全網ともはや使い道がなくなった痕跡器官のような人権意識を持って先進国の振る舞いをするここで生き残ろうとするのなら、道徳的な談論を越える、鋼鉄のような思考が必要だ。よくできた絶望と希望を抱えて鋼鉄でできた思考の飛び石を踏んで死ぬまで毅然と歩いていかなければならない。

そのような道を先に進んだ米国の医学者であり作家であるオリバー・サックス(Oliver Sacks)は死を控え自伝を書いた。そこで彼は淡々と回顧する。自身は猛烈で、爆発的で、極端な、火のような情熱の人間だったと。すなわち、彼の生活はヘル朝鮮のようだったと。情熱を持って地獄を通過した彼が出した人生の結論は次の通りだ。「知覚のある存在(sentient being)であり思考する動物(thinking animal)としてこの美しい惑星に生きることこそが大いなる特権(privilege)であり冒険(adventure)だった」。

実際、思考は沈潜でなく冒険であり、それこそが低劣から飛躍できる人間の特権だ。他人の手段として動員されることを拒否し、刺激に単純に反応することを越えて惰性に流されず、考えの冒険に喜んで飛び込む人々が作る場が、まさに思考の共和国だ。

キム・ヨンミン/ソウル大政治外交学部教授

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP