주요 기사 바로가기

1カ月間13カ国に広がった疑問の小児疾患、ソウルでも疑われる患者2人

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.27 09:22
0
韓国で「小児奇病」と呼ばれる小児多臓器系炎症性症候群に疑われる申告3件が確認され、防疫当局が正確な調査を始めた。この症候群は最近、欧州と米国で新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)に関連して報告されることで知らされた。

疾病管理本部中央防疫対策本部によると、26日0時基準で2件の多臓器系炎症性症候群に疑われる申告事例が確認された。2件いずれもソウルの医療機関だった。年齢帯は10歳未満が1人、10代が1人だ。中央防疫対策本部のクォン・ジュヌク副本部長は「2件の中で一1件の場合、まず事例の定義には合致しないと調査された」と話した。

疾病管理本部は最近、多臓器系炎症性症候群に対する事例の定義を定めた。①満19歳以下の小児・青少年に38度以上の発熱が24時間以上持続し、血液検査結果、炎症症状が確認されたり2つ以上の多臓器侵犯が確認されて入院する必要がある重症状態②炎症原因になる他の病原体の未確認③最近新型肺炎感染の証拠があったり、発病前4週以内に新型肺炎の露出歴がある場合などだ。この3つの条件を全部満たしてこそ該当症候群と認定される。

現在、疑われると申告された2人とも新型肺炎の診断検査では陰性と判定された。防疫当局は過去に新型肺炎に感染したことはないか、家族や接触者の中で追加患者がいたかなどを確認している。クァク・ジン患者管理チーム長は「調査が進行中で、現在としてはまだ具体的な部分が多くない状況」と話した。

いわゆる「小児奇病」と呼ばれる多臓器系炎症性症候群は先月末欧州で初めて報告された。その後、米国・オーストラリアなど13カ国に広がった。少なくとも450人以上の患者の中で7人程度が死亡したことが分かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP