주요 기사 바로가기

韓経:「世界初」という韓国の5G、速度は米国の半分

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.27 07:22
0
韓国の通信3社による第5世代(5G)移動通信サービスの平均速度が米通信会社ベライゾンの半分以下であることがわかった。中国の通信会社は7-9月期を目標に性能を1段階高めた5G単独モード(SA)の商用化にスピードを出している。昨年世界で最初に5Gを商用化した韓国が後続技術では米国と中国などに後れを取りかねないとの指摘が出ている。

英市場調査会社オープンシグナルが26日に明らかにしたところによると、5Gを商用化した韓国、米国、英国、オーストラリアの通信会社を対象に5G平均速度を測定した結果、ベライゾンが506.1Mbps(秒当たりメガビット)で1位を占めた。LGユープラスの238.7Mbps、SKテレコムの220.6Mbps、KTの215.0Mbpsの韓国3社より速度が2倍以上速かった。

ベライゾンは5Gで初めて使われた超高周波である28GHz帯域で5Gをサービスしている。第4世代移動通信のLTEより速度が最大で20倍速い上に、5Gの超低遅延、超連結の長所を生かし、自動運転車やスマートファクトリーなどの商用化を繰り上げることができる。これに対し韓国ではLTEと似た3.5GHz帯域だけで5Gをサービスしている。韓国の通信会社も年内に超高周波サービスを構築することにしているが、新型コロナウイルスの余波で投資時期を確定できずにいる。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP