주요 기사 바로가기

慰安婦被害者の李容洙さんと一緒に会見場に現れた男性…そのTシャツに隠された意味

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.26 13:58
0
旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん(92)が25日に記者会見を開いた当時、李さんの近くにいた側近の1人はオレンジ色の半袖Tシャツを着ていた。目に鮮やかな色のこのTシャツは一見平凡だが、その中に隠れされた意味がある。

Tシャツをよく見てみると、表に大きな写真がプリントされている。女性3人が手を握って背中合わせで輪になって立っている写真だ。これは米国カリフォルニア州サンフランシスコにある旧日本軍慰安婦被害者記念碑だ。日帝から慰安婦被害を受けた韓国と中国、フィリピンの少女を象徴する銅像だ。その近くには慰安婦の惨状を告発した故金学順(キム・ハクスン)さん(1997年死去)の姿もプリントされている。Tシャツにプリントされた写真の上でフランシスコ慰安婦記念碑を意味する「comfort women memorial san francisco」という文字もあわせて記されている。

サンフランシスコ中心街にあるセント・メリーズ公園内に設置された慰安婦記念碑はこれに先立って2017年9月、米国サンフランシスコの多人種連合体、慰安婦正義連対(CWJC)が市に寄贈した。有名彫刻家スティーブン・ワイアット(Steven Whyte)氏が製作して「Column of Strength」と命名した。全幅約90センチ、高さ約3メートルの大きさだ。

記念碑の銅版には「1931年から1945年まで韓国や中国などアジア太平洋13カ国の女性と少女数十万人が旧日本軍によって、いわゆる慰安婦として連行されて苦痛を味わされた」という句が刻まれている。また「私たちは第2次世界大中に強行された苦痛の歴史が忘れられるという事実が一番怖い」という慰安婦被害者の李玉善(イ・オクソン)さんの言葉も含まれている。

日本はサンフランシスコ慰安婦記念碑設置が進められていた時からこれに反発していた。記念碑設置後は大阪市が慰安婦被害者記念碑設置に反発して57年から続けてきた姉妹都市提携を破棄したりもした。不正確で一方的な主張を歴史的事実として(記念碑に)書き込んだ」という理由だった。これについてサンフランシスコ市は「慰安婦記念碑は私たちが決して忘れてはいけない教訓と事実に気づかせてくれる」と反論する声明を出した。

サンフランシスコ慰安婦記念碑の除幕式には李容洙さんも出席した。当時、李さんは除幕式の祝辞で「歴史的な日だ。サンフランシスコ市民の皆さんに感謝申し上げる。歴史は忘れられるものではなく、今日の話」とし「皆さんのおかげで力が出て200歳まで生きることができそうだ」と話した。

記者会見当日、李さんの世話をしたこの側近は「2017年慰安婦記念碑の除幕に合わせて製作されたこのTシャツをわざわざ記者会見場に着て行った」とし「李容洙さんが単に尹美香(ユン・ミヒャン)氏を批判するために記者会見を用意したのではなく、最終的に慰安婦問題の解決のためにこの席に出てきたことを示すためだった」と説明した。

この側近は「今後もこの目立つTシャツを着て全世界に改めて日本侵略戦争の慰安婦問題を声なく叫びたいし、伝えていきたい」とし「このTシャツにプリントされた慰安婦記念碑は停止ではなく新たな出発を意味すること」と強調した。

この側近は、普段李さんの近くで世話をしながら親交を深めてきた人物で、記者会見当日、李さんの運転手と務めたと知らされた男性と共に近くで李さんをサポートした。

記者会見が終わった後、この側近は李さんを大邱の某所に送った。この人物は「既に宿泊していたホテルとは違うところに李おばあさんをお連れした。記者が時間を問わず電話をかけてきて、さらには宿泊先まで訪ねてきて困らせ、90歳を超えた李おばあさんがこれに耐えきれず非常に辛がっている」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    慰安婦被害者の李容洙さんと一緒に会見場に現れた男性…そのTシャツに隠された意味

    2020.05.26 13:58
    뉴스 메뉴 보기
    25日、大邱寿城区(テグ・スソング)のインターブルゴホテルで開かれた李容洙さん記者会見で、李さんの側近が着ていたTシャツ。米国カリフォルニア州サンフランシスコに設置された慰安婦記念碑の写真がプリントされている。[写真 読者提供]
    TOP