주요 기사 바로가기

【社説】「間違いを明らかにし、運動変えろ」…慰安婦被害者の李容洙さんの言葉は正しい

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.26 13:22
0
李容洙(イ・ヨンス)さんが昨日記者会見で話したことは大きく2つに要約することができる。一つは尹美香(ユン・ミヒャン)氏(与党「共に民主党」国会議員当選人)の犯罪疑惑は検察の捜査で糾明しなければならないということ。もう一つは「慰安婦」被害女性に関連した市民団体運動が韓国と日本両国の青年世代に対する教育中心に方向を切り替えなければならないということ。90歳を超えた老人が尹氏問題で大きくなった社会的論争に対してこのように明快に解決法を提示したという点で粛然とせざるをえない。

李さんは「海外に行く時(尹氏の個人口座で)募金したという事実も知らなかった」とし、寄付金着服疑惑を裏付ける発言もしたが、尹氏の横領・背任疑惑に対しては概して言葉を慎んだ。「(メディアの報道で)思いもよらなかったことがたくさん出てきたが、(それは)検察で(捜査)すべきことだと考える」と立場を明らかにした。検察が是是非非を見極めて間違いだと分かれば処罰するべきだというのは極めて正しい主張だ。検察が、尹氏が理事長だった「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」に家宅捜索に入ると、「おかしな意図」云々してこれを阻止しようとする姿勢を見せた与党政治家や尹氏周辺人々は恥じなければならない部分だ。

会見内容のうち、必ず記憶しなければならない部分は、未来に対する話だった。李さんは「韓日両国の青年たちが行き来して交流しながら過去を記憶して進むべき道を話せるようにしよう」とした。今まで慰安婦問題をはじめとする日帝強占期の被害に対する韓国市民社会の運動は日本政府に謝罪と賠償を要求することだけに集中した。告発とデモが中心となり、被害回復方法に対する別の意見は入り込む場所がなかった。何人かの活動家が方向を決めれば、政府は補助金で、市民は寄付金でそのままついて行くやり方で運動が行われてきた。もちろん、歴史問題に誠意ある姿勢を見せない日本政府のせいであることは大きいが、韓国社会も反省すべき部分がないわけではない。非難と糾弾に埋没し、李さんが話した「未来世代の記憶と協力のための努力」は軽視してきたのではないかと自問する必要がある。

李さんは昨日「(慰安婦被害者が)ギョーザの中の添え物のような存在だった」として涙声で話した。李さんと仲間が消耗品のように使われたという主張だ。慰安婦被害は植民地歴史の中で韓国人の感情線を最も刺激する部分だ。そのためずっと反日運動の材料になってきた。だが、この懸案は韓日両国の歴史問題を越えた普遍的人類の問題でもある。女性人権、戦争犯罪、性倫理などに範囲を広げて全世界の未来世代が反面教師としなければならないことだ。李さんの話した「教育」がまさにそれだ。李さんは被害意識に留まらず、後代の人生を心配する素晴らしい大人の姿を示した。李さんが提示した課題に私たち韓国社会が答えを出さなければならないときだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP