주요 기사 바로가기

【コラム】コロナで注目浴びた地方のリーダー、「ポスト安倍」狙う(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.25 09:36
0
「密です」--。

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染者が東京だけで一日180人台だった4月初め。小池百合子東京都知事(67)が前方に手を伸ばしながらこのように叫ぶと、密集していた記者たちが「モーゼの奇跡」のようにすっと分かれた。この場面が電波に乗りながら「密です」という言葉は全国的流行語になった。ネットユーザーは「密ですゲーム」まで作った。小池氏は多い時は一日4回の記者会見も辞さなかった。元放送人らしく、キャッチーな表現を使いながら防疫指令塔を自任した。

日本の新型コロナ事態対応過程で中央政府より各都道府県の知事の活躍が際立っている。地震、台風のように特定の地域だけで起きた災難ではなく、日本全域が新型コロナの防疫対象になったことで、47都道府県の首長たちの政治力と実行力を競う場になった。特に安倍政府が危機管理能力を全く発揮できずに右往左往している間に、かえって地方政府が防疫対策をリードする場面が何度も演出された。

東洋大学の薬師寺克行教授は、中央日報の取材に対して「官僚は敷かれたレールの上を歩くのは得意だが、新型コロナという教科書がないところでは慌てた。官僚だけで占められている安倍官邸は、危機状況で責任感持って対応できなかったうえ、非官僚出身知事の活躍が目立った」と分析した。

小池氏は本格的な新型コロナ局面に入る前、突然、東京「都市封鎖」発言をする「衝撃療法」を使った。現行法では都市封鎖はできないが、「このように深刻な状況だ」という一種の「脅し」だった。この「脅し」は効果があった。「こうしていては東京に遅れを取る」と危機感を抱いた中央政府も緊急事態宣言を急ぐなど動き始めた。7月初め、東京都知事選挙を控えた小池氏には、現在、ライバルがいない状態だ。

新型コロナ対応で全国的なスターに浮上したのは吉村洋文大阪府知事(44)だ。政府より先に出口戦略を提示した「大阪モデル」を発表して全国的な注目を浴びた。最近の毎日新聞世論調査で「最も評価している政治家」1位に入った。

弁護士出身の吉村氏は「大阪維新の会」第1世代である橋下徹・元大阪市長が抜てきした。猪突的で正面勝負に強い政治スタイルが橋下氏に似ている。緊急事態宣言が1カ月延長されたとき、すぐに「出口戦略を提示しなかった政府は無責任」と詰め寄ったことなどが代表的だ。事実、維新の会は「小さい政府」を志向する保守政党で、医療機関の統廃合を進めているところだった。危うく医療崩壊の元凶として目をつけられるところだったが、吉村氏の活躍で「危機をチャンスにした」という評価まで出ている。 【コラム】コロナで注目浴びた地方のリーダー、「ポスト安倍」狙う(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】コロナで注目浴びた地方のリーダー、「ポスト安倍」狙う(1)

    2020.05.25 09:36
    뉴스 메뉴 보기
    小池百合子東京都知事
    TOP