주요 기사 바로가기

韓国、クラブショック後に新型コロナの感染力4倍強化…「1人が2.5人に感染」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.22 09:48
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の感染力がソウル梨泰院(イテウォン)クラブ発集団感染以降約4倍程増大したことが分かった。

国立がんセンターのキ・モラン教授が「感染再生産指数(R)」を通じて梨泰院クラブ発集団感染時期を前後に新型肺炎流行の規模と拡大を予測した結果だ。

防疫当局は普通感染病感染者1人が他人にウイルスを移す感染力を感染再生産指数(R)という概念と推定する。この数値が1であれば感染者1人が他人1人だけにウイルスを感染させるという意味だ。指数が1を下回れば感染力が低いとし、反対に1を上回れば感染力が強いとみられる。

キ教授は20日、ソウル麻浦区(マポグ)ガーデンホテルで開かれた「新型肺炎の流行で感染病研究事業団の研究現状と役割」シンポジウムで「2日~12日R指数が2.58となった」と話した。新型肺炎感染者1人が平均2.5人を感染させる可能性があるということだ。この数値を調べると、今月初め始まった梨泰院クラブの集団感染の拡大が分かる。今月1日まで平均R指数が0.58に落ちたことに比べると、梨泰院クラブ集団感染発生後現在新型肺炎の感染力が約4.4倍高まったわけだ。

キ教授によると、新型肺炎事態以降R指数が最も高かった時は大邱(テグ)新天地教会で初めて感染者が発生した2月18日から新型肺炎の拡大傾向が激しかったその月28日までだ。当時平均R指数は3.53だった。

だが、それから社会的距離の確保など政府の防疫措置に力づけられて2月29日~5月1日まで平均R指数は0.58まで落ちた。しかし、梨泰院クラブショックで再び2.58まで上がったわけだ。

実際、今月6日梨泰院クラブ発集団感染の初めての感染者が発生した後、関連感染者が2週間以上相次ぎ発生している。21日昼間12時を基準に総累積感染者は206人だ。この中でクラブを直接訪問した感染者が95人、家族・知人・同僚など接触者が111人で二次感染以上の感染者が一次感染による感染者数を超えた。新型肺炎の感染力がそれだけ大きくなっているということだ。

キ教授は梨泰院クラブに行った人々の中で12日を基準に新型肺炎の検査を受けずに感染が判明されていない人を確認して今月末まで新型肺炎の拡大シナリオも予測した。防疫当局は主な梨泰院クラブを訪れた人数を5500人余りとし、先週まで1000人余り程度が検査を受けなかったと判断した。

キ教授は「もし全員検査を受けて感染されていない人がゼロ%であれば31日一日の新規感染者は433人になるが、感染していない者が50%であれば1382人まで増える」と話した。ただ、一日新規患者433人、1382人の予測値は当局が疫学調査、隔離など防疫措置を全くしなかった時を仮定した数値だ。

キ教授は「隠れた感染者がいれば、感染者を全員探した時に比べて2週間後に新規感染者が3倍以上増えるという意味」として「それだけ梨泰院クラブ発感染者を探して防疫措置を取るのが重要だ」と話した。

防疫当局が梨泰院クラブを訪れた人々が自主的に検査を始めるように匿名の検査を導入し、今でもブリーフィングのたびに4月26日~5月6日間梨泰院クラブを訪問した人は早急に検査を受けてほしいと強調する理由だ。

キ教授は7月ごろになって韓国社会が梨泰院クラブ集団感染以前の状況に戻ることができると見通した。彼は「今月12日から当局が防疫効果をあげると仮定する場合、一日新規感染者が10人未満になる時点は6月4日と予測された」として「一週間遅れた19日から防疫効果が現れる場合、6月29日になってこそ一日新規感染者が10人未満になると予測された」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国、クラブショック後に新型コロナの感染力4倍強化…「1人が2.5人に感染」

    2020.05.22 09:48
    뉴스 메뉴 보기
    新型肺炎感染者が訪問した梨泰院のあるクラブの外観。ピョン・グァンヒョン記者
    TOP