주요 기사 바로가기

韓国慶州市、奈良市と京都市に保護服など伝達…「本当に困っているときに助けるのが真の友人」

ⓒ 中央日報日本語版2020.05.22 09:35
0
韓国慶尚北道慶州市(キョンサンブクド・キョンジュシ)は新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の防疫物資の調達で困難を強いられている日本の姉妹・友好都市に保護服などを支援したと21日、明らかにした。

慶州市は今月17日、奈良市と京都市に保護服1200組と防護用メガネ1000個を届けた。

また福井県小浜市と大分県宇佐市、栃木県日光市にもそれぞれ保護服500組と防護用メガネ各500個を支援する予定だ。

市は日本の姉妹・友好都市に対する人道的次元の防疫物品支援で韓日両国のコロナ協力の呼び水になると期待している。

朱洛栄(チュ・ナギョン)市長は「本当に困っているときに助けるのが真の友人であり隣人」としながら、「誰が先に手を差し出すかは重要ではない。今は韓日両国がコロナ対応のために協力しなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国慶州市、奈良市と京都市に保護服など伝達…「本当に困っているときに助けるのが真の友人」

    2020.05.22 09:35
    뉴스 메뉴 보기
    慶州市から届いた防疫物資の前で「カムサハムニダ、ありがとうございました」という紙を持って謝意を伝える仲川げん奈良市長。[写真 慶州市]
    TOP