주요 기사 바로가기

中国が作った90秒動画に何が…トランプ大統領、怒りのツイート

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.21 14:37
0
ドナルド・トランプ米国大統領が20日(現地時間)、ツイッターで「ある中国のおかしなやつが数十万人を殺傷したウイルスについて中国以外のすべてを非難する声明を発表した」と怒りのツイートを投稿した。「他でもなく中国の無能が世界的な大量虐殺を引き起こしたことを、このバカに説明してやってくれ」とも投稿した。

ワシントンポストは「トランプのツイートは中国国営CCTV系列会社の中国国際TV(CGTN)が『ポンペオの信頼性テスト』というタイトルのアニメーション動画を公開した数時間後に出た」とし「大統領は詳細な説明をしなかったが、ポンペオの動画に言及した可能性がある」と報じた。

「ウイルスが武漢研究所から出たという巨大な証拠がある」と述べるなど、中国責任論攻勢の先頭に立つポンペイ長官を攻撃する動画に、トランプ大統領が「おかしなやつ(Wacko)」「バカ(dope)」という俗語まで動員するほど激怒したという意味だ。

CGTNはこの日、公式ツイッターとユーチューブに1分30秒の長さのアニメーション動画を公開し、「新型コロナウイルス(新型肺炎)のパンデミックの中、一部の米国の政治家は中国に責任を転嫁するために嘘をつく努力を惜しまない」とし「中でもマイク・ポンペオ国務長官は、国内でも大規模な批判を受けている」とした。また「彼が信頼に値する政治家なのかCGTNのビデオゲーム『ポンペオの信頼性テスト』で調べてみよう」と紹介した。

映像はポンペオ長官が電動スクーターに乗って登場した後、新型コロナに関する中国批判発言を検証する形式になっている。最初のレベル1でポンペオ長官が「我々は中国や他の国にウイルスと戦うために1億ドルを提供する」と述べたことについて、中国政府の女性報道官が登場し、「我々は1セントも受け取っていない」と反論した。

ポンペオ長官が2月7日に民間レベルの中国武漢の17.8トン分の医療機器の寄付とは別に、政府レベルで1億ドル(約108億円)を中国や他の被害国に支援すると発表したが、何も受け取っていないと明かしたわけだ。

レベル2ではポンペオ長官が「中国は今もウイルスのサンプルを外部の世界に共有していない」というテドロス・アダノム・ゲブレイェソス世界保健機関(WHO)事務局長が空からブランコに乗って降りてきて「中国は2週間でウイルスの遺伝子配列を共有した」と反論している。続いて、トラックに乗った残りのG7諸国が「WHOを支持する」というプラカードを持つ姿も見せた。

これは、米国を含む国際専門家調査団の武漢現地調査と生きているウイルスのサンプルの提供要請を拒否したことを指摘したことについては、直接回答せずに遺伝子配列公開で回避したことになる。

レベル3はポンペオ長官が「武漢研究所からウイルスが出たという巨大な証拠がある」と発言すると、空から「ウイルスが人が作ったり、遺伝的に操作されたものではないという科学界の合意と立場を同じくする」という米国の情報機関の手紙を受け取って座り込む姿だ。

その後、ポンペオ長官自ら「私の中央情報局(CIA)局長時代、我々は嘘をついて騙し、盗んできた」と告白する様子も含まれた。また「警告注意事項:この協力ゲームにおいて正直でなければならない」と締めくくった。

ワシントンポストは「米中両国の非難合戦が激化し、ポンペオが北京の官僚や国営メディアの犠牲になった」とし「彼は『人類の功績』、『政治ウイルスのスーパースプレッダー』などと非難されている」とも述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP