주요 기사 바로가기

本当に準備できる? Jリーグ7月再開計画に懸念も

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.21 11:59
0
新型コロナウイルスの感染拡大で中断した日本プロサッカーJリーグが今年夏の再開を目指す。新型コロナの危険から完全に抜け出せていない状況という点で懸念の声も出ている。

Jリーグの村井満チェアマンは19日、オンラインで記者会見し、「7月に無観客の形でJリーグを再開することを検討する。29日の理事会で議論する」と明らかにした。

Jリーグと日本プロ野球(NPB)は最近、プロリーグ日程進行のための準備作業に入った。39県で非常事態宣言を解除した日本政府と歩調を合わせるための決定だ。4週間の準備期間の後、開幕2週前にすべての登録選手を対象に新型コロナ検査を実施するという実務指針も準備した。その後、7月に無観客でプロリーグを再開するという計画だ。2月に開幕したJリーグは第1節を終えた後、新型コロナ拡大で中断した状態が続いてる。

Jリーグは韓国プロサッカーKリーグが作成した新型コロナ対応マニュアルを大幅に適用するとみられる。▼試合中は各選手個人のボトル使用▼抱擁など過度な身体接触の禁止--など具体的な実践指針も取り入れる。Kリーグは今月8日、世界のサッカーファンが見守る中で開幕した。新型コロナを克服して始めた最初のプロサッカーリーグという点で世界の注目が集まった。無観客試合の進行方式と詳細な新型コロナマニュアルはサッカー先進国の欧州からも絶賛を受けた。Kリーグの後に続いてドイツのブンデスリーガが16日、欧州ビッグリーグでは最初に再開し、イングランドのプレミアリーグ、イタリアのセリエAなども再開の動きを見せている。

しかし新型コロナ事態がまだ落ち着いていないという点で日本国内でも懸念の声が出ている。これまでもJリーグは何度か再開を目指したが実現しなかった。リーグ再開を急ぐ理由は、リーグ中断状況が長期化する場合、傘下球団が財政的で深刻な打撃を受けるという心配のためだ。Jリーグは無観客試合で減少する入場券収益を補完する装置について頭を悩ませている。スポーツ報知は「Jリーグが球団の財政悪化から抜け出すためネット上で寄付を募る投げ銭システムを導入する予定」と報じた。リーグが再開された後、ファンが試合を観戦しながら、素晴らしいプレーや得点が出ればネット上のボタンを押してクレジットカードやポイントで寄付金を決済する方式だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP