주요 기사 바로가기

韓経:「ポストコロナ、米中葛藤の高調…韓国、オーストラリアなど中堅国と共助強化」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.21 09:19
0
韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長は20日、「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡散で、グローバル化を引っ張ってきた多国間体制が危機に陥り、各国が各自の生き残りに出る」と展望した。兪氏はこの日、ソウル光化門(クァンファムン)貿易保険公社で開かれた「ポストコロナ新通商戦略」懇談会でこのように述べた。

兪氏は「国家安保を名目に、貿易および投資制限措置がさまざまな分野に広がっており、自国産業保護のための新しい道具が浮上しながら、安保と通商の境界が消える」としながら「グローバルサプライチェーン(GVC)も効率性よりも安定性と復原力を重要視する方向で再編されるだろう」と見通した。

このような変化に対応するための解決法として中堅国間の共助を強調した。米国と中国の間の緊張が高まっている中で、オーストラリアや東南アジアなど他の国家と連合して声を大きくするという意味だと解釈できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP