주요 기사 바로가기

韓国検察、尹美香・元慰安婦支援団体代表を直接捜査へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.19 07:07
0
旧日本軍慰安婦被害者の憩いの場高価購入過程をめぐる疑惑などが提起された与党「共に民主党」当選人の尹美香(ユン・ミヒャン)氏に対し、検察が直接捜査に入る方針を固めた。11日、市民団体から最初の告発を受けた尹氏に対する寄付金会計不正疑惑が強まり、証拠隠滅が懸念されていることに伴うものだ。

18日、検察などによると、ソウル西部地検は尹氏に関する告発事件を刑事4部(公正取引・経済犯罪専担部)に配当し、強制捜査に着手することを決めた。刑事4部には崔智錫(チェ・ジソク、45、司法研修院第31期)部長検事と検事4人が配置されている。

法曹界関係者は「尹氏の夫であるキム氏が運営する水原(スウォン)市民新聞が2013年11月に作成した憩いの場関連の記事を最近削除し、尹氏が書いていたブログやツイッターも遮断状態に転換したことによって証拠隠滅の懸念が強まった側面が大きい」と分析した。検察が捜査に着手したのは最初の告発から7日後のことだ。昨年チョ・グク前法務部長官一家に関連した家宅捜索は市民団体の数件の告発後、長くて19日後、短くて4日後に始まった。

こうした中、李洛淵(イ・ナギョン)共に民主党新型コロナウイルス(新型肺炎)国難克服委員長が18日、尹美香氏と日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)をめぐる論争について「厳重に受け止めている」と話した。5・18(光州事件)40周年記念式典への出席などのために同日光州(クァンジュ)を訪れた李委員長は「尹氏の事案をどのように見ているか」という記者の質問にこのように明らかにして「党と深く相談している」と伝えた。引き続き「(尹氏関連の報道については)すべてではないがおおよその流れは知っている」と話した。

李氏の言及は与党圏の最も有力な次期大統領選候補の発言であり「事実関係の確認が先」という党の既存の立場と違いがあり注目されている。

親文3選の朴範界(パク・ポムゲ)議員はこの日、ラジオ番組のインタビューで党内の雰囲気に対して「数日前とは違っている」とし「あまりにも世論が良くない。党がそのまま本人の説明と検察の捜査を待つだけでは難しい状態になるかもしれない」と話した。

今月14日、尹氏を支持する声明に参加した金相姫(キム・サンヒ)議員(4選)も「疑惑提起にはさまざまな性質のものがある」とし「純粋な疑惑提起や被害者が感じていさまざまな空しさも確かにあるだろうと考える」と話した。尹氏の安城(アンソン)憩いの場取引・契約などについては客観的な真相究明が必要だという趣旨だ。

この日、正義連に関連して出てきた民主党要人の反応は「歴史の真実をわい曲しようとする勢力は国民と歴史の前に謝罪しなければならない」〔14日金相姫・南仁順(ナム・インスン)・洪翼杓(ホン・イクピョ)議員ら16人の声明〕という立場からは一歩後に退いた様相だった。ただし、これが党次元の真相究明や尹氏に対する措置につながるかどうかは未知数だ。ある再選議員も「(除名された)梁貞淑(ヤン・ジョンソク)の件とは方向性が異なる問題」と話した。姜勲植(カン・フンシク)首席報道官は「深刻かつ重く受け止めている」としつつも「特にこの懸案に対して、また、当選者に対していかなる措置も取る計画がない」と話した。

だが、党ホームページの党員掲示板などに尹氏の辞退要求が相次いで入ってきているのは党指導部としても困惑を隠せない事態だ。この日、党員掲示板などには「尹美香の説明と行動が崔順実(チェ・スンシル)と何が違うのか」「尹美香を懲戒して検察に引き渡さなければならない水準」などのコメントが続いた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国検察、尹美香・元慰安婦支援団体代表を直接捜査へ

    2020.05.19 07:07
    뉴스 메뉴 보기
    尹美香(ユン・ミヒャン)氏
    TOP