주요 기사 바로가기

日本プロ野球、6月中に120試合制で開幕か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.11 11:18
0
日本プロ野球が6月に開幕する見通しだ。

スポーツ報知など日本メディアは「日本プロ野球が6月の公式開幕を目標にしている」と報じた。「今月31日に緊急事態宣言が解除されるという前提のもと、シーズンを縮小して行う予定」という。ただ、KBOリーグと同じく無観客で始まる計画だ。

日本は昨季1チームあたりシーズン143試合を行った。しかし今年はリーグでチーム間24試合ずつ計120試合を消化する予定だ。2005年から始まったセ・パ交流戦は行われない。リーグ上位3チームのクライマックスシリーズもなくなる。リーグ優勝チーム間の日本シリーズだけが予定より2週遅れの11月21日に行われる。日本プロ野球が縮小されるのは1953年以来67年ぶり。

日本プロ野球は新型コロナウイルスの感染拡大にもかかわらず、当初の開幕予定日だった3月20日に向けてオープン戦を行っていた。しかし新型コロナ事態が深刻になり、オープン戦の日程を全面的に中断した。

メジャーリーグは7月の開幕を検討している。米スポーツサイト「ジ・ アスレチック」は10日(日本時間)、「メジャーリーグを7月初めに開幕し、1チームあたり78-82試合を消化することを議論している」と伝えた。アメリカンリーグとナショナルリーグを問わず30チームを10チームずつ東部・中部・西部地区に分け、同じ地区だけで試合をすることを考慮しているという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP