주요 기사 바로가기

「シュレーダー前首相のせいで婚姻破綻」夫人キム・ソヨン氏の元夫、裁判で主張

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.08 10:07
0
ゲルハルト・シュレーダー前独首相と再婚したキム・ソヨン氏の元夫側が「シュレーダー前首相のためにキム氏との婚姻関係が破綻した」と主張した。

キム氏の元夫A氏側は7日、ソウル家庭裁判所家事第4単独チョ・アラ判事の審理で開かれたシュレーダー元首相を相手にした損害賠償訴訟の初裁判で「キム氏とシュレーダー前首相の不正行為によって婚姻が破綻したため、慰謝料を請求する」と明らかにした。

A氏側は「被告(シュレーダー前首相)側は複数の合意書があると主張しているが、これは被告が離婚してほしいと原告(A氏)に求める過程で数回合意書を一方的に伝えた」としながら「合意して調整されたものではない」と話した。

また「(離婚自体は)原告が娘のために大乗的に決断したこと」としながら「(事件が)メディアに報じられて娘がストレスが多い状況で被告がこれ以上会わないという条件の下に離婚を決めた」と主張した。

一方、シュレーダー前首相側は「被告とキム氏の関係が婚姻破綻の原因でない」として「二人は相当期間業務上の理由で会ったビジネス関係だが、具体的にいつから破綻の原因になったというのか立証しなければならないだろう」と反論した。

これを受け、A氏側は「キム氏のインタビューを見ても2017年春ごろ(シュレーダー前首相と)関係の変化があり、夏からは確信を持つようになったといったが、これは離婚する前」と再反論した。同時に、婚姻破綻の原因を明らかにするためにキム氏を証人として申請すると明らかにした。

A氏とキム氏は2017年合意離婚した。その後、キム氏はシュレーダー前首相と2018年1月恋人関係を公式化し、その年結婚した。キム氏とシュレーダー前首相は2015年国際経営者会議で初めて会った後、キム氏が通訳を担当して関係が発展したことが分かった。A氏は合意離婚の条件がキム氏とシュレーダー前首相の決別だったと主張し、2018年シュレーダー前首相を相手に訴訟を起こした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「シュレーダー前首相のせいで婚姻破綻」夫人キム・ソヨン氏の元夫、裁判で主張

    2020.05.08 10:07
    뉴스 메뉴 보기
    ゲルハルト・シュレーダー前独首相とキム・ソヨン氏
    TOP