주요 기사 바로가기

トランプ大統領の「9・11発言」に不快感示した中国「米国、真の敵はコロナ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.08 08:43
0
米国政府が連日、中国の新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)責任論を提起すると、中国政府は「米国が直面したのは中国ではなくコロナウイルス」と反論した。ドナルド・トランプ米大統領が新型コロナ被害を「真珠湾攻撃よりも、世界貿易センタービルのテロよりも悪い」と評価し、中国を圧迫したことに反発したものだ。

7日(現地時間)付けのロイター・RFIなどによると、華春瑩中国外交部報道官はこの日、定例会見でトランプ大統領の「真珠湾、9・11テロ」発言についてどう思うかという質問に「コロナウイルスは人類共通の敵」とし「ウイルスとの戦いに出た中国と米国は、敵ではなく戦友でなければならない」と答えた。

続けて「米国の一部の人々がウイルスとの戦いで役割を捨てて責任回避しようとしたことは遺憾」とし「これは非常に間違った態度だ。国際社会が団結しなければ、新型コロナに人類が勝利することはできない」と強調した。

華報道官は、中国が新型コロナ感染拡大を防ぐために厳格かつ徹底的な予防・制御措置を取り、責任と透明性のある方法で努力を傾けたと主張した。また、新型コロナ感染拡大の状況と防疫法を国際社会と共有するなど新型コロナの拡大を防ぐために協力したとし、専門家や多くの国が中国の新型コロナ防疫と制御方式に良い評価を下したと述べた。

一方、米国は感染者が増え続けるなど、適切に対処していないと指摘した。華報道官は「中国は2カ月で新型コロナを迅速に制御したが、米国では感染者数が120万人を超え、増加し続けている」とし「医療技術の分野で先進国とされる米国が積極的に対応したとすれば、中国よりも優れた対応ができたはずなのに、なぜ感染者が発生し続けているのか」と述べた。また、「まだ間に合う。米国は中国への関心を止め、新型コロナと戦ってほしい」と求めた。

華報道官は、マイク・ポンペオ米国務長官が提起した新型コロナ武漢ウイルス研究所発祥説については「根拠のない主張をしている」と批判した。ポンペオ長官は「武漢の実験室からウイルスが出たのか確実ではない」と述べつつも「一方では、相当な証拠がある」など、相反する発言をしている。

華報道官は「科学者も新型コロナの発祥地について結論を出していないのに、ポンペオ長官は何を根拠に武漢研究所発祥説を提起したのか」と反問し、「コロナウイルスが武漢研究所から出たという証拠を提示してほしい」と述べた。

続いて「昨年から米国・フランスで新型コロナの症例が発見されていたという報告が出た」という5日の外信報道に言及し「ウイルスの出所は非常に多様だ。この問題は政治的な目的を持って嘘をつく政治家ではなく、科学者や医療専門家と話さなければならない問題」と付け加えた。

また、新型コロナの発祥地を突き止めるための世界保健機関(WHO)の調査を支持し、積極的に協力すると発表した。ただし、新型コロナ発祥地論争は科学的根拠に基づいて判断しなければならないと主張した。

華報道官は「ポンペオ長官が言及した武漢研究所は国際基準に基づいて厳格に設計・建設・管理されており、中国とフランスが合同運営しているもの」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トランプ大統領の「9・11発言」に不快感示した中国「米国、真の敵はコロナ」

    2020.05.08 08:43
    뉴스 메뉴 보기
    中国外交部の華春瑩報道官[中国外交部ホームページ キャプチャー]
    TOP