주요 기사 바로가기

文大統領の支持率、9週連続上昇で64%…コロナ感染減少で

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.02 13:46
0
新型コロナ事態の中で文在寅(ムン・ジェイン)大統領の国政遂行に対する支持率が9週連続で上昇したという調査結果が1日、発表された。世論調査会社の韓国ギャラップが先月28-29日(4月第4週)に全国満18歳以上の1000人を対象に調査した結果、「大統領はよくやっている」という肯定的な評価が64%にのぼった。前週に比べ2ポイント上昇した。一方、大統領の職務遂行に対する否定的な評価は4ポイント下落した26%だった。

文大統領の国政支持率は2月第4週(25-27日の調査)から9週連続で上昇している。新型コロナの一日の感染者数は2月29日をピークに減少傾向が続いている。新型コロナの拡大傾向が弱まるにつれ、文大統領に対する支持率が上昇している状況だ。実際、韓国ギャラップの4月第4週の調査で大統領の職務遂行を肯定的に評価した人のうち58%はその理由に「新型コロナへの対処」を挙げた。

国家的な危機状況が発生する場合、指導者に対する信頼が高まる結集効果が表れるケースが多い。フランスのマクロン大統領、オーストリアのクルツ首相、デンマークのフレデリクセン首相など新型コロナと闘っている欧州の指導者は最近、支持率が上がっている。特にコロナ対処で国際的に評価を受ければ支持率が確実に上昇する。欧州で最も深刻な打撃を受けたにもかかわらずイタリアのコンテ首相の支持率は71%にのぼる。一方、米国のトランプ大統領、日本の安倍首相など新型コロナ対応過程で議論を呼んでいる指導者の支持率は例外だ。

文大統領の国政遂行支持率64%は、2018年10月第2週(65%)以降の最高値。同年9月18-20日に平壌(ピョンヤン)で開催された南北首脳会談が文大統領の支持率上昇につながった。当時の肯定的な評価の理由は「北朝鮮との関係改善」が42%で最も多かった。文大統領の任期前半期は平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)など南北平和ムードが文大統領の支持率を高めたが、南北関係が膠着状態に陥った現在の状況では新型コロナへの対応が支持率を引き上げる状況だ。

今回の調査は標本誤差±3.1%ポイント(95%信頼水準)で回答率は13%。詳細事項は中央選挙世論調査審議委員会のホームページで確認できる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領の支持率、9週連続上昇で64%…コロナ感染減少で

    2020.05.02 13:46
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が30日午前、利川(イチョン)物流倉庫工事現場火災関連の緊急状況報告を受けるため国家危機管理センターに入っている。[写真 青瓦台提供]
    TOP