주요 기사 바로가기

「韓国の新型コロナ状況に関する海外記事100日間で5589件、透明性と意思疎通を称賛」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.02 13:11
0
過去100日間に韓国の新型コロナ対応状況を扱った海外メディアの記事は5589件にのぼることが分かった。文化体育観光部傘下の海外文化広報院は1日、「42カ国・436のメディアの過去100日間の記事を分析した結果、韓国関連の記事は8610件で、うち65%の5589件が韓国の新型コロナ状況と防疫に関する内容だった」と発表した。

海外文化広報院は韓国国内の感染事例が初めて発生した1月20日から100日目となる先月28日までの記事を分析した。最も記事が多かった時期は感染者が急増した2月23日-3月22日であり、中央対策本部の定例ブリーフィングの英語翻訳(2月28日)、政府合同のブリーフィング(3月27日)などが海外メディアの情報需要と重なって多くのメディアで報道された。

分析の結果、海外メディアは特に韓国の透明性と意思疎通を高く評価したことが分かった。オーストリアのクローネンツァイトゥングは「孤立と分離でなく国民と協力の社会的連帯という解決法を提示した」と評価し、中国のオンラインメディア人民網は「初めての感染事例以降、毎日ブリーフィングを通じて関連データと防疫状況を知らせ、恐怖心を払拭した」と報じた。3月11日の米FOXニュースは「世界の標準であり最高の基準」と評価し、ワシントンポストは4・15総選挙後に「韓国は自由、公正で安全な選挙が可能だという事実を世界に立証した」と伝えた。

このほか自宅余暇生活コンテンツにも関心が集まった。韓国の大衆歌謡、映画、ドラマ、文学は移動が禁止された時期に楽しめるコンテンツとして紹介され、韓国の「タルゴナコーヒー」、自動車劇場などが海外メディアの記事の素材になった。

海外文化広報院は今回の分析を通じて「韓国の防疫は自他共に世界標準の危機管理対策として注目された」とし「今後、文化韓流から政策韓流への拡張が可能だ」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP