주요 기사 바로가기

週末になると浮上する「金正恩異変説」…3週連続

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.05.01 15:31
0
身辺異常説が出ている北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が1日にも現れなかった。北朝鮮国営メディアが先月12日に金委員長の公開活動を報道してから20日目の沈黙だ。北朝鮮の労働新聞は1日、「金正恩同志が模範的な扇動員、5号担当宣伝員に感謝を表した」とし、金委員長が姿を隠したまま「書簡統治」を続ける流れを見せただけだ。

こうした中、トランプ米大統領は30日(現地時間)、「私は(金正恩委員長に)どのようなことが起きているかを知っている」とし「すべてのことが無事であることを望む」と述べた。トランプ大統領は27日(現地時間)には「おそらく近いうちに彼のことを聞くことになるだろう」と話した。しかしトランプ大統領はこの日、「いま金正恩について話すことはできない」と明らかにし、金委員長の身辺に何かが起きていることを推定させた。

脱北者として未来統合党の国会議員に当選した池成浩(チ・ソンホ)氏も30日と1日、北朝鮮内の情報筋を引用し、「金委員長は99%死亡した」とし「金日成(キム・イルソン)主席、金正日(キム・ジョンイル)総書記の死亡当時も1週間ほど過ぎて発表されたのをみると、今週末に発表されるとみている」と主張した。

金委員長の身辺異常説は、先月15日に祖父・金日成主席の第108回誕生日(北朝鮮では太陽節)行事に金委員長が出席しなかったことで浮上した。北朝鮮専門家らと一部のメディアが異常の兆候を提起したのだ。特に先月20日ごろ韓国と米国のメディアが手術説・重体説を伝えた後、韓国政府は「特異事項がないと確認した」(23日の国家安全保障会議)と収拾に動いたが、先週末には死亡説まで出てきた。

今週に入って金錬鉄(キム・ヨンチョル)統一部長官と鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官ら外交安保部処の関係者らが身辺異常説を一蹴したが、トランプ大統領やポンペオ米国務長官(「万が一の事態に対応できるよう努力中」)など米高官が何かを暗示するように言及したことで、身辺異常説がまた注目されている。「金正恩委員長の太陽節参拝不参加→週末の異常説提起→平日の収拾→週末の死亡説→平日の収拾→週末の米国発異常説」という流れが繰り返されているのだ。

米高官の発言に関連し、政府当局者は1日、「米当局者の言及を評価するのは不適切」とし「韓米間では情報交換が行われていて、技術情報に基づいた、金正恩委員長の身辺に異常はないという政府の判断に変わりはない」と説明した。「金委員長の健在は確実」という政府の立場に変わりはないということだ。

週末に浮上する金委員長の身辺異常説に関連し、北朝鮮の週末の「事故」と関係があるのではという指摘が出ている。チン・ヒグァン仁済大統一学部教授は「北は相手の警戒が緩まる時間帯に『攻撃』するパルチザン戦術を好んで使用した」とし「週末や連休に挑発をしてきた北の残像が週末事故説をもたらすようだ」と述べた。実際、北朝鮮の5回目(2016年9月9日)と6回目の核実験(2017年9月3日)はそれぞれ金曜日と日曜日に行われた。また、金委員長の執権後に初めて大陸間弾道ミサイルに転用可能な「光明星3号」(北朝鮮は人工衛星と主張)を発射したのも金曜日(2012年4月13日)だった。

さらに金日成主席(1994年7月8日)と金正日総書記(2011年12月17日)が死亡したのもそれぞれ金曜日、土曜日と週末だった。当時、北朝鮮当局は金日成主席の死亡は翌日に、金正日委員長の死亡は2日後に国営メディアで知らせた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    週末になると浮上する「金正恩異変説」…3週連続

    2020.05.01 15:31
    뉴스 메뉴 보기
    北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長
    TOP