주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>「民主国家北朝鮮」の期待に挑発の懸念も混じる金正恩異変説(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.30 15:48
0
◆権力の継承には住民の服従と協力が必須

金正恩異変説は北朝鮮の公式の立場が出てきてこそ整理される。しかし金委員長が正常であってもそのまま復帰するとは考えにくい。世の中が驚く何か(挑発?)を出すだろう。しかし金委員長が死に近い状況なら、さらに深刻だ。いわゆる白頭(ペクトゥ)血統で権力継承1位の金与正副部長が引き継ぐのか、金与正副部長が権力継承後にも執権を継続できるのか、または第3の人物が急浮上する可能性だ。金委員長の権力が金与正副部長に継承されても問題はある。家父長的な北朝鮮で女性統治者を認めるかだ。北朝鮮の理念と政権の神話を維持できるかも疑問だ。したがって金与正副部長が独裁世襲権力を維持するには北朝鮮の住民とエリートの服従と協力、屈服を受けなければいけない。(ジン・シャープ『独裁から民主主義へ』)。そのためには粛清が避けられないという。粛清は金正恩委員長のように叔母の夫を処刑するほどの残酷性を要求する。果たして女性の金与正副部長がそのようにできるだろうか。

北朝鮮で新たな粛清が展開される時、エリート階層が過去のように従わない可能性もある。対北朝鮮制裁に新型コロナで経済的な困難が深刻な北朝鮮住民の胸中に抵抗心があるかも変数だ。中東のように独裁に対する国民の抵抗心が起これば北朝鮮政権は一日で崩れる。しかしその中間過程にはたいてい内紛がある。それで金正恩以降の北朝鮮は金与正体制で持続するかもしれないが、権力の分散と政変を経て民主国家に生まれ変わる可能性もある。独裁政権が崩壊すれば、概して(初期には)別の形態の独裁政権に変わる可能性が高いという(パク・ヒョンジュン『独裁政権の性格と政治変動』)。民主国家までは長い時間が必要だ。

◆韓米同盟関係から固めるべき

北朝鮮の政変は韓国に直接波紋が及ぶ可能性がある。首都圏への砲撃や化学および生物兵器テロによる対南挑発だ。こうしたテロは大きな人命被害を出す。北朝鮮の局地挑発は韓国軍の対応と北朝鮮軍の再攻撃につながり、全面戦争に発展することも考えられる。韓米連合軍が投入される場合、中国の介入で日清戦争のように国際戦争に拡大することも懸念される。大量の脱北事態はもちろんだ。

もちろん韓米は北朝鮮の急変事態や全面戦争に対応して「概念計画5029」と「作戦計画5015」を持つ。従来の戦争では韓米の軍事力が圧倒的であるため早期に終結する可能性が高い。しかし北朝鮮の核兵器が奪われれば次元が異なる。核兵器がテロ集団に渡る可能性もあり、韓米を脅迫したり交渉に活用されたりもする。その場合は米国と中国が直ちに介入する。想像できない状況が続く。

実際、金委員長の身辺に問題がある可能性が50%であっても重大な危機だ。これが80-90%という。こうした危機の中でも政府はあえて問題はないと伝えながら、4・27板門店(パンムンジョム)宣言2周年を迎えて我々の主導で南北事業を推進するという立場だ。政府の心情は理解できる。しかし万が一の事態として北朝鮮の無政府状況を仮定し、対応に集中する必要があるのではないだろうか。有事の際、北朝鮮の挑発を遮断し、迅速に軍事措置を取るには、緊密な韓米協力が必須となる。したがって防衛費分担金問題を速やかに解決し、同盟関係から固めることを望む。危機を機会にできなければ破局がくる。 <Mr.ミリタリー>「民主国家北朝鮮」の期待に挑発の懸念も混じる金正恩異変説(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP