주요 기사 바로가기

【コラム】「K防疫を越えてK平和…韓米朝と韓中朝の補完を」=韓中ビジョンフォーラム(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.29 13:37
0
文興鎬(ムン・フンホ)漢陽大中国問題研究所所長=北朝鮮の生物兵器が注目される。最近、米国務省の軍縮資料は北朝鮮の生物兵器プログラム保有に言及した。西欧でウイルスの中国研究室流出説が出てくる中、北朝鮮の生物兵器には中国も強硬な立場を取る可能性が高い。文在寅(ムン・ジェイン)政権の対中国傾斜論が出ている。傾斜が事実なら、中国から何を得たのか分からない。成果もなく誤解を受ける可能性があり、対中国関係のイメージ管理が求められる。

金基正(キム・キジョン)延世大政治外交科教授=レッドラインを越えない北朝鮮の短距離ミサイル発射は、武力増強を主張する北朝鮮内の安保論者と非核化を推進する発展論者の間の政治的妥協と見られる。北朝鮮がレッドラインを越えられないよう、米朝という前輪が動かない状況では後輪の南北チャンネルを稼働しなければいけない。

キム・ジンホ檀国大政治外交科教授=新鴨緑江大橋の周辺が慌ただしい。中国側に中国税関がある。丹東の不動産価格はその一帯だけが上がった。中国がいう抗米援朝戦争参戦70周年と北朝鮮労働党創建75周年の10月10日に開通する可能性がある。中朝間の物流が画期的に増える状況がくるかもしれない。

イ・ジョンナム高麗大アジア問題研究院教授=中国は韓米朝が主導する北核議論の実効性がすでに終わったと考えている。中国が主導する4者・6者の枠組みを考えているようだ。コロナ以降、米中間の主導権が中国に傾くという見方には慎重でなければいけない。中国は体制の優越性と世界的伝播の可能性を話すが、中国の初期の情報隠蔽に対する国際社会の批判は激しい。

鄭在浩(チョン・ジェホ)ソウル大米中関係研究センター所長=金正恩委員長と習近平主席の最近の会談で「鮮血で固められた関係」という表現が消えた。中国は唇亡歯寒を話すが、果たして誰が唇なのかが気になる。中国は自らを歯と考えるだろうが、果たして北朝鮮が同意するかは疑問だ。「誰でも乳を飲ませてくれる者は母親(有乳便是娘)」という状況なのかは検討が必要だ。

康ジュン栄(カン・ジュンヨン)韓国外大国際地域研究センター長=北朝鮮の意図を反映した「中国用語」を受け入れる必要はない。北朝鮮は双中断、双軌並行に一度も言及したことがない。単に韓米連合軍事訓練をするなと言っているだけだ。韓国は良いアイデアだとして受け入れた。これが中国傾斜だ。北朝鮮さえも使わない用語を受け入れて国内と米国に不必要な対中傾斜論の口実を与える必要はない。

洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)韓半島平和構築理事長=北朝鮮経済はドルが基本貨幣(dollarization)になり、世界経済に統合されている。国連の対北朝鮮制裁で輸出がふさがってドルが入ってこないため、経済の核心の市場に問題が発生している。こうした北朝鮮経済を支援する中国が北朝鮮非核化のカギを握っている。米国が北朝鮮を「第2の台湾」として活用するかもしれないという中国の不安感を払拭すれば、中国が北朝鮮非核化に動き出すことも可能だ。韓国の外交の役割が重要だ。

◆韓中ビジョンフォーラム

韓中関係の未来の座標とビジョンを探るために専門家18人が結成したフォーラム。洪錫ヒョン韓半島平和構築理事長が代表を、辛正承元駐中大使が委員長を務める。 【コラム】「K防疫を越えてK平和…韓米朝と韓中朝の補完を」=韓中ビジョンフォーラム(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【コラム】「K防疫を越えてK平和…韓米朝と韓中朝の補完を」=韓中ビジョンフォーラム(2)

    2020.04.29 13:37
    뉴스 메뉴 보기
    昨年1月9日、北京飯店で会った北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長夫妻と中国の習近平国家主席夫婦。[中央フォト]
    TOP