주요 기사 바로가기

<新型コロナ>来週から連休…韓国「油断禁物」、日本「いのちを守るSTAY HOME週間」

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2020.04.25 11:37
0
24日、韓国で新型コロナウイルス感染症の新たな感染者は6人、死者は0人だった。一日の感染者数は2月29日が最多の909人。その後、感染者は減少に転じ、今月18日から一日10人前後となっている。最初の感染者確認(1月20日)から3カ月間続いてきた危機局面が落ちついているが、社会的距離に対する疲労感も同時に強まっている。

しかし緊張を緩めるのは早いという指摘だ。重要な峠が近づいているからだ。釈迦生誕日(4月30日)から子どもの日(5月5日)までのゴールデンウィークが、国内で収束に向かっている新型コロナ感染様相を変える変数になるおそれがある。連休中に済州(チェジュ)に18万人の観光客が訪問すると予想され、防疫当局は緊張している。

すでに今年1-3月期の経済成長率(-1.4%、前年比)は11年ぶりの最低水準となった。国民が生活防疫を通じて「日常生活に復帰」することが避けられない状況だ。政府もこうした局面に合わせて、今後10日間は忍耐力を発揮して社会の安全を守ろうと呼びかけながら、「生活の中の距離を維持する細部指針(草案)」を公開した。

中央災難対策本部が発表した案には、職場、ショッピング・宿泊施設、宗教施設などで日常生活をしながらも、新型コロナ感染を遮断するための生活防疫指針が盛り込まれた。最終案は、部処別の意見をまとめ、生活防疫委員会の議論を経て確定する計画だ。

細部指針によると、37.5度以上の発熱やせき・のどの痛みなど呼吸器の症状があったり、14日以内に海外旅行をした場合、できるだけ外出を控えて自宅待機しなければいけない。中央災難対策本部は室内外に関係なく他人との間隔を2メートル(少なくとも1メートル)維持し、咳エチケット、手洗い・消毒など個人衛生守則を徹底的に守ってほしいと勧告した。公共交通手段や飲食店などでも適正距離を維持し、ショッピングモールなどでは試食および化粧品テストコーナーの運営停止を促した。

金剛立(キム・ガンリプ)第1総括調整官は会見で、ゴールデンウィークを迎えても国民が配慮して「社会的距離」を実践してほしいと強調した。続いて「多くの人々が連休期間に旅行したり知人と会ったりするだろうが、社会的距離が緩んでしまえばまた集団感染が懸念される」とし「社会的距離が続く5月5日までは行事、旅行、集まりなどを自粛してほしい」と呼びかけた。

済州道は高強度の社会的距離を維持し、防疫体系を強化する方針だ。空港に選別診療所の人員と装備を追加で投入し、有症者の観光客を空港で検査する。元喜龍(ウォン・ヒリョン)済州道知事は「やむを得ず旅行をする場合は生活防疫指針を徹底的に守ってほしい」と述べた。

日本も29日から来月10日まで続く「ゴールデンウイーク」を事態の分岐点と見ている。小池百合子東京都知事は今回の連休を「いのちを守るSTAY HOME週間」に指定した。小池知事は「不要不急の帰省やレジャー、旅行など他の道府県への移動の自粛を強くお願いする」と訴えた。

金剛立総括調整官は「まだ海外の状況が深刻であり、ワクチンと治療薬の開発まで時間が必要であるだけに、長期化に備えなければいけない」とし「防疫と日常生活の調和は容易でないが、油断せずに知恵を発揮してほしい」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP