주요 기사 바로가기

呉巨敦釜山市長が電撃辞任…「5分の面談で不必要な身体接触した」=記者会見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.23 14:19
0
韓国の呉巨敦(オ・ゴドン)釜山(プサン)市長が#MeToo(ハッシュタグミートゥー)事件で市長職から退いた。呉市長は23日午前11時に記者会見を行って「不必要な身体接触は強制醜行になりえることを知った」とし「軽重を問わずどのような行動でも許されることではない」と辞任の理由を明らかにした。

呉市長はこの日午前11時、釜山市庁9階記者会見場に入場して7分間にわたり辞任の理由を明らかにした。呉市長は「ある人への5分程度の短い面談過程で、不必要な身体接触は強制醜行になりえることを知った」とし「軽重を問わずどのような行動でも許されることではない」と話した。

続いて「このような過ちを抱いたまま偉大な市民から任せられた市長職を遂行するのは道理ではないと考える」とし「難しい時期に正常な市政運営を遂行するためにすべての過ちを私が負って許しを請いながら退こうと考える」と話した。公職者として責任を負う姿で、懺悔しながら生きていくという言葉も付け加えた。

釜山市などによると、呉市長は先月7日午前11時40分ごろ、市庁の女子職員を7階の執務室に呼んだ。呉市長はこの女子職員にコンピュータについて教えてほしいと言って身体接触を試みた。女子職員は激しく抵抗したが、呉市長は5分程身体接触を続けた。女子職員は「呉市長が4月30日までに辞任しなければ黙っていない」と知らせると、呉市長は23日、辞任の意思を明らかにした。

呉市長は記者会見途中で涙声になる場面もあった。呉市長は「3選4期過程を経て市長になった」と話す途中、涙声になりしばらく言葉をつなぐことができなかった。続いて呉市長は「愛する釜山のために最後までやり遂げたかった」とし「このような姿をお見せすることなり、あまりにも申し訳ないが、私ができる唯一の選択が辞任」と話した後、記者会見場を離れた。

呉市長が去就と関連した重大発表をするという説はこの日午前から地域の政界で出回っていた。呉市長が家族を水営区南泉洞(スヨング・ナムチョンドン)官舎で呼び集めたという話もある。呉市長は最近すべての日程を取り消して対外活動を全く行っていなかった。

辞任の背景をめぐり、一部では健康に異常が生じたという説と今回の4・15総選挙で釜山における共に民主党の惨敗にともなう責任説などさまざまな話が出ていた。だが、呉市長の核心補佐陣は辞任背景に関連「衝撃的」と表現したことが分かった。これは、#MeToo(ハッシュタグミートゥー)によって辞任することを知って示した反応だとみることができる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    呉巨敦釜山市長が電撃辞任…「5分の面談で不必要な身体接触した」=記者会見

    2020.04.23 14:19
    뉴스 메뉴 보기
    呉巨敦(オ・ゴドン)釜山(プサン)市長
    TOP