주요 기사 바로가기

WHO事務局長、辞任を拒否…「昼夜問わず取り組んだ、今後も継続」

ⓒ 中央日報日本語版2020.04.23 13:18
0
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が一部で出ている辞任要求に対する立場を明らかにした。

テドロス事務局長は22日(現地時間)、スイス・ジュネーブのWHO本部で行った画像ブリーフィングで「この3年間、生命を助け、WHO組織改革のために昼夜を問わず取り組んできた」とし「今後も継続していく」と強調した。

続いて「特に今は新型コロナウイルス感染症の世界的大流行を落ちつかせるために全力を尽くす時」とし「他のところに目を向ける余力はない。生命を救うことに集中する」と述べた。

そして新型コロナ事態に対するWHOの初期対応が遅れたという批判に反論した。テドロス事務局長は「1月30日に新型コロナに関連して国際的な公衆保健非常事態を宣言した当時、中国以外の地域の感染者は82人であり、死者はいなかった」とし「振り返ると我々は適時に非常事態宣言し、各国には対応する時間が十分にあった」と主張した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP