주요 기사 바로가기

韓経:「細菌まで見るぞ」…サムスン電子、6億画素イメージセンサーに挑戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.22 13:57
0
サムスン電子が人の目(解像度5億画素)を超える6億画素イメージセンサーを開発するという目標を掲げた。イメージセンサーはレンズに入ってきた光をデジタル信号に変える半導体だ。主にスマートフォンに搭載されている。サムスン電子はイメージセンサー市場世界2位(昨年市場シェア18%)を占めている。現存するもので最高の1億800万画素の製品を昨年11月から量産し、日本のソニー(市場シェア49%)を追撃中だ。

サムスン電子システムLSI事業部センサー事業のパク・ヨンイン・チーム長(副社長)は21日、サムスン電子ニュースルームへの寄稿文で「人の目を凌駕する6億画素イメージセンサーを含めた果てしない革新に向けてサムスン電子は今後も挑戦し続けるだろう」と明らかにした。

サムスン電子は昨年6月に世界で初めて6400万画素イメージセンサーを開発し、その5カ月後に1億800万画素の製品を発売した。イメージセンサー技術革新を陣頭指揮したのがパク氏だ。パク氏は「サムスン電子のエンジニアに対する『技術的限界』というプラスの動機づけであり、超えなければならない宿命」としながら「可視光線領域を超えて紫外線や赤外線を活用でき、細菌まで見ることができるイメージセンサーも研究している」と説明した。

パク氏は「人の役に立つセンサー、人の命を救う半導体」を技術開発の最終目標として提示した。これは李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が今年2月、京畿道(キョンギド)華城(ファソン)半導体事業場を視察して「小さな半導体に人類社会貢献という夢を込めることができるように挑戦し続けていこう」と話したものと軌を一にする。パク氏は「イメージセンサーが紫外線領域を撮影できるなら、違う色で撮影して皮膚がんの診断も可能になる」とし「赤外線領域の撮影を通じて、農業と産業分野で不良品を簡単に区分でき、生産性の向上にも活用することができる」と強調した。

サムスン電子はイメージセンサーとあわせて、においを感知する嗅覚センサー、味を感知する味覚センサーなども開発する計画だ。

パク氏は「イメージセンサーはスマートフォンを超えて自動運転車やモノのインターネット(IoT)、ドローンなどにも本格的に使われるようになると予想される」とし「人間の五感に代わって見えない領域にも使われるセンサーが、そう遠くない将来に私たちの日常の各分野に深々と入り込んでいるだろう」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓経:「細菌まで見るぞ」…サムスン電子、6億画素イメージセンサーに挑戦

    2020.04.22 13:57
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子システムLSI事業部センサー事業のパク・ヨンイン氏(副社長)
    TOP