주요 기사 바로가기

米ITC「SKイノ早期敗訴決定を再検討」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.20 11:55
0
米国の国際貿易委員会(ITC)が電気自動車バッテリー営業秘密侵害訴訟に関連し、SKイノベーションの再検討要請を受け入れた。ITCは17日(現地時間)、「LG化学がSKイノベーションを相手取り提起した営業秘密侵害訴訟で、SKイノベーションの早期敗訴決定を全面的に再検討する」と明らかにした。

ITCは2月14日、SKイノベーションの証拠隠滅容疑は明白だとして早期敗訴を決定した。これに対しSKイノベーションは先月3日、ITCに「予備決定に対する再検討」を要請した。ITCの再検討は通常の手続き。2010年から2018年まで訴訟当事者が要請した予備決定の再検討はすべて進行された。しかし1996年から昨年まで、営業秘密訴訟で再検討過程を経ても早期敗訴決定が最終的に覆ったことはない。ITCは今年10月初めに最終判決を出す予定だ。業界は、LG化学とSKイノベーションが金銭的補償などに関する交渉を経て合意で終わるとみている。

LG化学は昨年4月、米デラウェア州連邦地裁にもSKイノベーションを営業秘密侵害で提訴した。昨年5月には産業技術流出容疑でソウル警察庁に告訴した。これに対しSKイノベーションは昨年6月、国内でLG化学を相手に名誉毀損による損害賠償請求訴訟を起こした。昨年9月には米ITCとデラウェア州地裁に特許侵害訴訟を提起した。LG化学は対抗して特許侵害訴訟を提起し、ITCで進行中だ。デラウェア州地裁は現在、訴訟中止状態にある。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    米ITC「SKイノ早期敗訴決定を再検討」

    2020.04.20 11:55
    뉴스 메뉴 보기
    SKイノベーションの電気自動車用バッテリーセル [写真 SKイノベーション]
    TOP