주요 기사 바로가기

IOC「来年の東京五輪、すべて簡素化の可能性検討すべき」

ⓒ 中央日報日本語版2020.04.17 14:48
0
国際オリンピック委員会(IOC)が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)で1年延期になった東京夏季オリンピック(五輪)のガイドラインを出した。

17日、ロイター通信によると、IOC調整委員会と東京組織委員会は前日にテレビ会議を開き、1年延期になった東京五輪準備過程について意見を交換した。

オーストラリア出身のジョン・コーツIOC調整委員長は「我々は東京五輪の範囲とサービス水準を簡素化して最適化するすべての可能性を検討する予定」としながら「大会1年延期によって生じる追加費用を減らさなければならない」と強調した。

続いて「選手のためのサービスは今年準備したとおり維持しなければならないが、『ないといけないもの』『あればよいもの』を決める他の部分もある」と付け加えた。

日本の経済専門家は五輪延期によって最大7000億円の追加費用が発生すると推算した。トーマス・バッハIOC会長も12日ドイツ紙ディ・ヴェルトとのインタビューで「IOCも数億ドルの追加費用に直面することになる」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP