주요 기사 바로가기

昭恵夫人、新型コロナの渦中に観光旅行で物議

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.16 15:24
0
安倍晋三首相の妻である昭恵夫人が先月団体ツアープログラムに参加していた事実が伝えられて物議を醸している。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大で日本政府が外出自粛を呼びかけていた時点だったため軽率だったという指摘が出ている。

16日、週刊誌「週刊文春」は昭恵夫人が先月15日に団体ツアープログラムに参加して大分県にある宇佐神宮を参拝していたと報じた。該当ツアーには50人余りが参加した。ツアー商品を管理した主宰側関係者は、昭恵夫人側が先に「コロナで予定が全部なくなったので、どこかへ行こうと思っていた」と語っていたという。

昭恵夫人は該当ツアープログラムのうち、宇佐神宮への参拝だけ参加し、他の観光日程には参加しなかったという。

問題はツアーが行われた先月15日が、日本各地で新型コロナ感染者が続出して安倍首相が直接国民に外出自粛を呼びかけていたことだった。

3月14日、安倍首相は新型コロナ対策に関連した2回目の記者会見を行って「現時点で緊急事態を宣言する状況ではないが、依然として警戒を緩めることはできない」として国民に外部活動を自制してほしいと要請した。

昭恵夫人は先月下旬も東京で花見をした事実が伝えられて非難された。当時、小池百合子東京都知事は新型コロナ拡大を防ぐために東京市民に外出自粛命令を下した。

安倍首相はこれについて「レストランの敷地内の桜のもとで撮ったもの」「東京都が自粛を求めている公園での花見のような宴会を行なっていたという事実はない」と釈明した。ネットユーザーらは「国民には外出を自粛してほしいとお願いしながら首相夫人は花見をするのか」と、不適切な行動を非難した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP