주요 기사 바로가기

ビル・ゲイツ氏、5年前に「伝染病大流行」予想…「1000万人以上死亡」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.14 15:30
0
マイクロソフト(MS)創業者のビル・ゲイツ氏が5年前に新型コロナウイルス感染症のようなパンデミック(世界的大流行)を予想していたことが改めて注目されている。米NBC放送「エレン・デジェネレス・ショー」がゲイツ氏の過去の講演を取り上げたからだ。

同番組はゲイツ氏に画像インタビューをした。インタビューではゲイツ氏が2015年の世界的講演会「TEDカンファレンス」で述べた内容にも言及された。

ゲイツ氏は当時の講演で「今後、数十年以内に1000万人以上を死亡させるものがあるとすれば、それは戦争よりも伝染性が高いウイルスである可能性が高い」と述べた。ゲイツ氏は「人類は核抑止のために投資したほど伝染病を防ぐシステムには投資しなかった」と指摘し、「伝染病に全く対応していない」と懸念を表した。

ゲイツ氏はこの日のインタビューで「5年前、米国政府が伝染病を対応することを望んでいた。伝染病診断検査、薬、ワクチンを今より速やかに確保しなければいけないという点を強調した」とし、当時の講演の目的を明らかにした。

そして5年間、ビル&メリンダ・ゲイツ財団を通じてエボラ撲滅など伝染病に対応する努力をしてきたと伝えた。

ゲイツ氏は今後、伝染病のパンデミックに徹底的に対応すべきだと主張した。特に韓国と中国の新型コロナ対応に言及し、厳格な隔離の履行と効果的な検診システムが新型コロナの拡大を防ぐのに役に立つと強調した。

また「効能95%以上の画期的なワクチンや治療法が出てくるまで我々が日常生活を取り戻すのは難しい」とし「18カ月以内にその解決策が出てくるのも難しいだろう」と予想した。

ゲイツ氏は今回の新型コロナ事態が悲劇を招くと同時に、生活と経済を再設定したと評価した。そして「今回の事態をきっかけに人類が次回は伝染病を対応すると信じる」と述べた。

ゲイツ氏は「今まで我々はお互い協力して問題を解決してきた。今回の事態を通じて共同体と国家、世界の中で一緒にいることを悟ってほしい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP