주요 기사 바로가기

13兆ウォン売って469兆ウォン残った…外国人投資家の韓国株式保有「急減」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.13 07:30
0
先月外国人投資家らが韓国市場で売った株式の規模が13兆ウォンに達することが明らかになった。

金融監督院は13日、報道資料を通じ「3月中に外国人投資家は上場株式13兆4500億ウォン相当を売り越した」と発表した。投資家の国籍別では米国が5兆5000億ウォンを売り越し、英国が1兆9000億ウォンなど欧州が5兆ウォン相当を売り越した。

外国人の売り攻勢は新型コロナウイルスの感染拡大傾向が本格化した2月から始まったが、2月はこれほど多くは売っていない。2月の外国人投資家の売り越し額は3兆2250億ウォンだった。先月はこの金額の4倍を超える株式を売った形だ。

いま外国人投資家が保有する韓国上場株式の総額は500兆ウォンに満たない。外国人株式保有額は昨年12月の593兆2000億ウォンから今年1月が581兆5000億ウォン、2月が545兆1000億ウォンと減り続けているが、先月はさらに急激に減り468兆7000億ウォンとなった。これは2016年以降4年来の低水準だ。

外国人投資家は韓国の時価総額の3分の1ほどを支える重要な投資家だ。ところが彼らが占める割合も減った。全時価総額のうち外国人投資家の保有金額は昨年12月から今年2月までの3カ月間に33.3~33.8%水準を維持してきたが、この割合は先月32.4%に落ちた。

一方、外国人投資家は韓国の債券に対しては1月から純投資を維持している。金融監督院によると、先月外国人投資家が買い越した上場債券規模は1月の6兆2110億ウォン、2月の3兆4790億ウォンより増え、7兆3990億ウォンを記録した。このうち満期償還などの3兆8180億ウォンを除くと先月の外国人の債券純投資金額は3兆5810億ウォンだ。これは上場残高の7%に相当する。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    13兆ウォン売って469兆ウォン残った…外国人投資家の韓国株式保有「急減」

    2020.04.13 07:30
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル汝矣島(ヨイド)KB国民銀行ディーリングルーム
    TOP