주요 기사 바로가기

文大統領にSOS出したロックバンドU2のリーダー「故国に診断キットを送りたい」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.13 06:56
0
世界的なロックバンドU2のリードボーカルであり、ノーベル平和賞にも数回ノミネートされた人道主義活動家「ボノ」(実名ポール・ デイヴィッド・ヒューソン)が文在寅(ムン・ジェイン)大統領に書簡を送り、韓国の診断キットなど医療装備を私費で購入して故国であるアイルランドに寄贈したいと明らかにした。

カン・ミンソク青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官は12日、書面ブリーフィングでこのような事実を伝えた。ボノは手紙で「新型肺炎危機の対応過程で文大統領と韓国の先導的役割に御礼を申し上げる」として「韓国が見せた生命を助けるリーダーシップに全世界が感謝し、感銘深く見守っている」とした。

また、ボノは韓国の新型肺炎診断キットなど医療装備を購入してアイルランドに寄贈したいという意向を明らかにした。

ボノは「アイルランドで新型肺炎による感染者が手のほどこしようもなく増加している」とし「韓国で生産され、また在庫として残っている診断キットなど医療装備があれば購入してアイルランドに寄贈したい」と求めた。

アイルランド現地メディアによると、ボノは最近新型肺炎の防疫のために1000万ユーロ(約12憶円)をアイルランドに寄付した。

最後にボノは「私は今、いつにもまして大統領のファン」とし、追伸を通じて「大統領は過去20年間、私が会った首脳の中で当面の業務でない曲の歌詞に関する言及で対話を始められた唯一の方で絶対に忘れられない」と付け加えた。

昨年12月、文大統領とボノの会談で文大統領がU2のコンサートオープニング曲である『ブラディ・サンデー』とエンディング曲『0ne』に言及、「韓国人が共感できるメッセージが入った曲」と評価した点を指したとみられる。

一方、文大統領もボノに10日、回答を送った。

文大統領は「医療装備購入の件については、韓国の関係当局と協議できるように措置を取っておく」として「数多くの危機と挑戦を克服した(アイルランド)国民の底力に基づいて今回の新型肺炎危機も賢明に克服していくと信じている」と答えた。

また「よくおっしゃってくださったように、韓国政府は水準の高い防疫と高い市民意識に基づいて新型肺炎に積極的に対応している」としながら「今後も全世界の平和のメッセンジャーとして(U2の)大きい活躍を期待する」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    文大統領にSOS出したロックバンドU2のリーダー「故国に診断キットを送りたい」

    2020.04.13 06:56
    뉴스 메뉴 보기
    文在寅大統領が昨年12月9日午前、青瓦台本館接見室でロックバンドU2のボーカルであり社会運動家のボノさんと対話している。[青瓦台写真記者団]
    TOP