주요 기사 바로가기

世界で唯一買いだめのない韓国…新型コロナによる珍しい現象の理由

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.10 07:46
0
新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の拡大で米国と日本などでは生活必需品の買いだめの動きがみられている。反面、韓国は平穏な雰囲気だ。新型肺炎の拡散初期にもマスクを除けば、コメ・ラーメン・トイレットペーパー・ミネラルウォーターのようなほとんどの生活必需品を手に入れるのに大きな困難がなかった。生活必需品の安定した生産と供給が行われている中、消費者が近い流通店やオンラインショッピングモールで買いたい製品を簡単に手に入れることができた。韓国特有の速くて安定的な配送網も一定部分役割を果たしたという見方がある。

CJ大韓通運は2月1日から3月14日まで6週間の配達資料を分析した結果を9日、まとめた。この期間、CJ大韓通運が取り扱った宅配運送状は1億8000万件だった。この会社によると、2月第4週目(23~29日)にはミネラルウォーター・ラーメン・缶詰めのような物の注文量が一週間前の約3倍に増えた。消費者が週末に注文すれば月曜日に運送状の情報に登録されるという点を考えると、2月21~23日の3日間配達注文が集まったという説明だ。新型肺炎の31人目の感染者が発生した2月18日直後に起きたことだ。31人目の感染者は新天地大邱(テグ)教会で初めて新型肺炎が判明された人だ。

オンラインショッピングでこのような買いだめの動きはまもなく収まった。先月第1週目(1~7日)のラーメン配送量は一週間前より39%減り、先月第2週目(8~14日)には追加で33%減少した。ミネラルウォーター配送量も先月第1週目(-41%)と第2週目(-25%)に連続に減り普段の水準に回復した。CJ大韓通運関係者は「2月4週目週末に注文量が大きく増えたが、物品が円滑に配送されるという点を確認した消費者が早く安定感を取り戻したとみられる」と話した。

ただし、先月には自宅で使う用品の注文が増える様相を見せた。各級学校が始業を延期して職場では在宅勤務を拡大したからだ。自宅でドリップコーヒーを淹れられるコーヒーメーカー(22.5%)や泡立て器・生パンミキサ(61.6%)は先月第2週目に配送物量が大きく増えた。電気フライヤー(21.3%)とヨーグルトメーカー(30.2%)なども配送量が多くなった。

自宅で本やレコードを購入する消費者も増えた。図書・レコードの配送物量は2月第4週目に170万件で、一週間前より13%増加した。「社会的距離の確保」で人々が集まる公演・展示会が中止・縮小され、自宅で文化生活を楽しもうとする需要が多くなったとみられる。

2月から3月中旬までCJ大韓通運の配達物量を週間単位で調べると、先月第1週目が最も多かった。週間配達物量は2月第4週目に3200万件となったことに続き、先月第1週目3300万件で頂点に達したと会社側は説明した。一日宅配処理量は月曜日だった先月2日(960万件)が最も多かった。通常、宅配物量は月曜日と火曜日に最も多くなり他の曜日には減る傾向がある。消費者が週末にオンラインショッピングで注文した物量が週初めに配送されるためだ。昨年を基準に韓国国内の宅配市場でCJ大韓通運は半分に近いシェア(47.2%)を占めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界で唯一買いだめのない韓国…新型コロナによる珍しい現象の理由

    2020.04.10 07:46
    뉴스 메뉴 보기
    自動貨物分流器を通じて宅配分類作業が行われているCJ大韓通運清原(チョンウォン)ハブターミナル[写真 CJ大韓通運]
    TOP